0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

161006_JIMTOF2016


日本工作機械工業会と東京ビッグサイトは、工作機械に関する展示会「第28回日本国際工作機械見本市 - JIMTOF2016」の概要を発表しました。

今回は出展社数が前回比 104社増と969社と大幅アップ。そのため、間もなく完工する新設の東7・8ホールも使用し、JIMTOF史上最大の開催規模となります。総来場者数は14万人が目標です。
sp_161006jimtof_02.jpg
出典:日本工作機械工業会、東京ビッグサイト

  • 会 期 : 2016年11月17日(木) ~ 22日(火) 9:00 ~ 17:00
  • 会 場 : 東京ビッグサイト

入場するには、招待券または学生証などが必要です。
org

入場を希望する方は
org

以前、JIMTOFに目視検査支援機Neoviewを出展したことがあります。
全体を眺めたところ、海外からの見学者も多く、熱気にあふれていました。最大規模での開催ということで、今まで以上に盛り上がることでしょう。

関連リンク
JIMTOF2016 公式ホームーページ


  クリックして応援をお願いします!

babcb805.png
出典:日経テクノロジー

日本ケミコンは、電気二重層キャパシタを搭載したワイヤレス給電対応の無人搬送機のデモを「CEATEC JAPAN 2016」で披露しました。
このシステムで使われている電源部品は
  • 日本ケミコン
    電気2重層キャパシタ「DLCAP DXE シリーズ」6本をユニット化したもの。
    仕様は電圧15V、静電容量66.7F。
  • ダイヘン
    無人搬送機用ワイヤレス給電システム「D-Broad CORE」

無人搬送機にはワイヤレス受電ユニットとキャパシタユニットなどを搭載。ワイヤレス給電を行う箇所は、側面に配置されています。
デモでは、10秒ほど充電した後に3m先まで無人搬送機が移動。また戻ってきて再び充電するという動作のくり返しを実施しています。


電気二重層キャパシタ(スーパーキャパシタ)は、急速充放電に優れており、サイクル寿命が長いといった特長を持った大容量エネルギーデバイスです。
一般的な蓄電池のように長時間かけて充電する必要がないため、生産ラインでこまめに充電しながら連続稼働することが可能。さらに、蓄電池に比べて充放電に対する耐久性に優れるため、メンテナンスコストを抑えることもできます。

と、むずかしいことを書いていますけど、電気二重層キャパシタは秋月電子通商などでも普通に売っています。デモで使われたキャパシタは、これらに比べて容量が大きいですが。
161006_秋月電子通商


  クリックして応援をお願いします!

今日も迷惑メールが届いています。
161006_meiwakumail

いやぁ、これだけ文章を書いて大変ですね。お疲れさまです…

このメールにはZipファイルは添付されていません。フィッシングメールですね。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ