0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…


2016年8月9日、NVIDIAは、日本語公式Blogで「人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは」と題する記事を掲載しました。
ざっくりいうと…
  • 人工知能 – マシンによって再現される人間の知能
  • 機械学習 – 人工知能を実現するためのアプローチ
  • ディープラーニング – 機械学習を実装するための手法
160812_Deep_Learning_Icons

ということなんですが、この記事はとても分かりやすいので必読です。

この記事では、このように締めくくっています。

AIは、現在および未来のテクノロジです。ディープラーニングの助けを借りることで、AIは人類が長らく思い描いてきたサイエンス・フィクションの状態に、より近づくことができるでしょう。

関連リンク
人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは


  クリックして応援をお願いします!

160811_akebono_02
出典:Car Watch

8月10日、曙ブレーキ工業は、東北大学 流体科学研究所と共同で研究開発を進めている「MR流体ブレーキ」を発表しました。
 
MR流体とは、磁気に反応して液体から半固体へと変化する機能性材料です。MR流体ブレーキでは、車両側の円盤(固定円盤)とハブベアリング側の円盤(可動円盤)の間にMR流体を充填。電磁石の磁界によってMR流体が半固体へと変化させてブレーキ力を発生させます。
160811_akebono_01
出典:Car Watch

曙ブレーキでは超小型モビリティを対象に研究開発し、2015年3月に試作品を完成。
スマートシティやスマートモビリティに適合したスマートブレーキとして、2020年の実用化を目指して試験と改良を重ねています。 

この技術、ブレーキパッドが必要ないってことですね。
パッドが片減りしたり、キーキー音が鳴ったりすることもなくなるでしょう。
また、電気的にブレーキ力をコントロールしやすくなるため、今後の自動運転の市場でも活躍しそうです。

関連リンク

  クリックして応援をお願いします!

GIZMODOによると、iPhone 7のロジックボードと思われる写真が中国・Weiboに掲載されたそうです。
160809rog01
出典:GIZMODO
160809rog02
出典:GIZMODO

「7代」と書かれてますね。
さて、このリークは本物なのでしょうか?

関連リンク
GIZMONO : あれれ?これはひょっとしてiPhone 7の中身ですか?


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ