0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

衛生管理者の資格試験は、月に1回~4回行われています。試験の実施機関は財団法人安全衛生技術試験協会です。
また、年に1回程度、各都道府県で出張試験が行われます。ちなみに、私は茨城県水戸市の茨城大学で行われた出張試験を受けました。
試験会場となる安全衛生技術センターは、の7ヶ所。居住地域に関係なく、どのセンターでも受験できます。
取得した免許は全国どこでも通用しますので、引っ越しをした場合でも免許は有効です。

おススメの問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊。
第1種衛生管理者試験問題集 解答&解説〈平成28年度版〉中央労働災害防止協会
第一種衛生管理者免許試験対策 合格水準問題集〈平成28年度版〉全国労働基準関係団体連合会 


  クリックして応援をお願いします!

衛生管理者試験は、誰でも受験できるものではありません。一定の条件を満たしている人に受験が与えられます。

受験資格
添付書類の「写し」には「原本と相違ないことを証明する。」との事業者の原本証明が必要です。

コード番号 受 験 資 格 添 付 書 類
1-1
学校教育法による大学(短期大学を含む。)又は高等専門学校【注1】を卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書(学位記)の写し【注7】
・事業者証明書
1-2
大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・学士の学位授与証明書(原本)又は学位記の写し【注7】
・事業者証明書
1-3
省庁大学校【注2】を卒業(修了)した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)、卒業証書の写し【注7】 又は修了証明書(原本)(課程が限定される場合は当該課程を修めたことを特記したもの)
・単位修得証明書等(学位取得に必要な所定単位を修得したことを特記したもの。)(※1-4の場合のみ)
・事業者証明書
1-4
専修学校の専門課程(2年以上・1700時間以上)の修了者(大学入学の有資格者に限る。)などで、その後大学等において大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与されるのに必要な所定の単位を修得した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
1-5
指定を受けた専修学校の専門課程(4年以上)を一定日以後に修了した者など(学校教育法施行規則第155条第1項該当者)で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
2
学校教育法による高等学校又は中等教育学校【注3】を卒業した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し【注7】
・事業者証明書
8
10年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・事業者証明書
3
船員法による衛生管理者適任証書の交付を受けた者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・衛生管理者適任証書の写し
【注7】
・事業者証明書
4
高等学校卒業程度認定試験に合格した者、外国において学校教育における12年の課程を修了した者など学校教育法施行規則第150条に規定する者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・合格証の写し等【注7】
・事業者証明書
5-1
専門課程又は特定専門課程の高度職業訓練のうち能開則別表第6により行われるもの【注4】を修了した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・職業訓練修了証(又は卒業証書)の写し又は卒業証明書(原本)(当該訓練を修了したことを特記したもの)【注7】
・事業者証明書
5-2
応用課程の高度職業訓練のうち能開則別表第7により行われるものを修了した者で、その後l年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
6
普通課程の普通職業訓練のうち能開則別表第2により行われるもの【注4】を修了した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
7
旧専修訓練課程の普通職業訓練【注4】を修了した者で、その後4年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
9-1
外国において、学校教育における14年以上の課程を修了した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し【注7】
・事業者証明書
9-2
特別支援学校(旧盲学校、聾(ろう)学校又は養護学校)の高等部を卒業した者など学校教育法第90条第1項の通常の課程による12年の学校教育を修了した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・修了証明書(原本)、卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し
【注7】
・事業者証明書
9-3
朝鮮大学校(4年制学科)を140単位以上取得して卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し
【注7】
・取得単位の証明書
・事業者証明書
 【注1】高等専門学校には、専修学校・各種学校等は含まれません。
 【注2】「省庁大学校」には、防衛大学校、防衛医科大学校、水産大学校、海上保安大学校、職業能力開発総合大学校の長期課程・総合課程、気象大学校の大学部及び国立看護大学校の看護学部看護学科(それぞれ旧法令による同等のものを含む。)が該当します。
 【注3】中等教育学校とは中高一貫教育の学校のことで、中学校ではありません。
 【注4】改正前の法令により当該訓練と同等とみなされるものを含みます。
 【注5】外国語で書かれた卒業証書の写し、卒業証明書等を添付する場合は、その日本語訳も添付してください。
 【注6】提出された添付書類は、返却いたしません。
 【注7】添付書類の「写し」には「原本と相違ないことを証明する。」との事業者の原本証明が必要です。
事業者証明書の用紙のダウンロードは

第一種衛生管理者免許試験の特例(免許試験受験申請書A欄の上に「特例」と赤字で記入してください。)
特例第一種衛生管理者免許試験を受験するときは、第二種衛生管理者免許証の写し(原本証明が必要)の添付が必要です。受験資格を証する添付書類は不要です。ただし、住所変更した場合は、現住所を確認できる郵便物等のコピーを添付してください。

免除科目
科目の免除を受けることができる者 免除科目 手  続 添付書類
船員法による衛生管理者適任証書の交付を受けた者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの 労働生理 受験申請書B欄の学科「一部免除」を○で囲み
(労働生理)と記入する。
受験資格の証明が添付されていれば不要
添付書類の作り方はhttp://www.exam.or.jp/exmn/H_tenpu.htm

関連URL
公益財団法人 安全衛生技術試験協会

おススメの問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊。
第1種衛生管理者試験問題集 解答&解説〈平成28年度版〉中央労働災害防止協会
第一種衛生管理者免許試験対策 合格水準問題集〈平成28年度版〉全国労働基準関係団体連合会


  クリックして応援をお願いします!

Sputnik日本
NHK ONLINEによると、特許庁は、特許などの出願手続きに人工知能を使った新システムを導入する方針だそうです。
特許庁に出願される特許、商標、意匠などは、年間50万件以上。審査官は、それらの1件ごとに類似の発明がないか膨大な資料を探して調査を行っています。そのため、人工知能に作業の一部をまかせ、作業を効率化するシステムを導入する方針を固めました。
特許庁はこのシステムの開発企業を公募し、早ければ6月に実証実験を始めることにしています。

特許の審査って、かなり時間がかかるんですよ。
2014年時点で審査期間は平均29カ月かかっていました。忘れたころに… って感じです。
それを改善するため、日本政府は特許庁の特許取得審査を大幅に短くする方針を表明していました。目標は2023年度までに半分以下の14カ月以内にすること。
これが実現すれば、審査期間は世界最短になり、特許取得者は事業化や投資回収を早められる利点があります。
今回の人工知能システムが稼働したら、目標の審査期間14か月は実現するのでしょうか。

 ← クリックをお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ