0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

35630062231_5f1dbbeab8_b
出典:Microchip Technology

Microchip Technologyは、交流120Vで長尺のLEDを直接駆動できるリニア方式のドライバIC「CL88020」を発売しました。
この製品は、LED照明設計に一般的に必要とされるスイッチモード電力変換を必要とせずに、高力率を実現することにより、信頼性、コスト効率、コンパクトなLED照明アプリケーションを作成することを可能にします。

35630058231_b9d312b91d_b
出典:Microchip Technology

CL88020は、ドライバ回路の部品点数を最小限に抑えるように設計されており、非常に小さく効率的な設計が可能。従来のAC-DCスイッチモード電源とは異なり、基本ドライバ回路はCL88020 IC、2個の小型セラミックコンデンサ、ブリッジ整流器のみで構成されています。高電圧コンデンサ、変圧器またはインダクタ、EMI(電磁波干渉)フィルタ、またはPFC(Power Factor Correction)回路は不要です。これにより、従来のLEDソリューションと比較して、ソリューションサイズを小さくし、部品点数を削減することができます。
パッケージは、SOIC8を採用。サンプル出荷と量産出荷が開始されており、価格は10000個発注で0.93ドル/個。

関連リンク
Microchip:Create More Reliable and Cost-Effective LED Lighting Applications with Microchip’s Sequential Linear LED Driver
Microchip:CL88020



  クリックして応援をお願いします!

Gopher
出典:Google

2017年7月13日(米国時間)、Googleは、プログラミング言語「Go」のメジャーアップグレードバージョン「Go 2」計画の概要をBlogで発表しました。

Toward Go 2   The Go Blog
出典:Google

この計画では、Go 1の開発およびリリースで確認された制約や限界、そしてGo 2で解決すべき課題などが示されています。
現在、Goは企業システムの開発でも使用されていることから、Go 1で開発された既存システムとの互換性を維持しつつ、Go 1にGo 2の機能を追加していくとしています。




  クリックして応援をお願いします!

ASTROSCALE_
出典:アストロスケール

2017年7月14日、スペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去を行うベンチャー企業「アストロスケール」は、ANAホールディングスや産業革新機構などから約28億円の出資を受けたと発表しました。
アストロスケールは、スペースデブリを観測する衛星を世界で初めて打ち上げ、壊れた人工衛星などをセンサーで検出することを計画。また、その後に打ち上げる衛星で、壊れた人工衛星を磁力で引き寄せて回収し、一緒に大気圏に突入して焼却します。

宇宙開発をスタートして以降、宇宙空間には人工衛星やロケットの破片であるスペースデブリが多数発生し、地球周回軌道を回っています。これらのゴミは低軌道では秒速7km以上と非常に高速で運動しているため、人工衛星や宇宙ステーションに衝突すると大変な被害をもたらします。

アストロスケールは調達した資金をスペースデブリを除去する衛星の量産化などに活用し、2020年までに事業化する方針です。



関連リンク
アストロスケール
アストロスケール社について


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ