0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…


Microsoftが2017年7月26日に配信を開始した「Windows 10 Build 16251」では、携帯端末連係機能のAndroid版が追加されたそうです。

Andrdoid端末でのWebブラウジング中、その情報を引き継いでPCでWebブラウジングを続けたりできるとのこと。
まぁ、こういった使い方はChromeでやっているので驚きはしませんが、スマホとPCの連携が密になることはありがたいです。さらに便利な機能をリリースしてくれることを期待します。


  クリックして応援をお願いします!

mizuho
出典:newsbtc

みずほ銀行が開発を続けてきた次期勘定系システムトが、なんと7月末に完成する見通しです。新システムへの移行は、2018年中頃から1年程度かけて段階的に実施します。

みずほ銀行では、旧みずほ銀行、旧みずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行の銀行合併によって複数行のシステムが入り乱れた状態での苦しい運用が続けられてきました。そのため、2002年と2011年には大規模障害が発生。2012年にはシステムを全面刷新する方針が示されました。
あれから5年。度重なる延期の末、やっと完成にたどり着くわけです。

この開発プロジェクトは総投資額は4000億円台を上回る規模で、「史上最大級のシステム統合」と言われています。
通常、銀行合併で勘定系システムを統合する場合、1行のシステムに「片寄せ」することが主流。
しかし今回は、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行という業務フローが異なる3つの勘定系システムをぜんぶ刷新し、同時に統合します。
その中でも、みずほ銀行の既存勘定系システム「STEPS」は、1988年に稼働。四半世紀にわたり追加開発を重ねてきた結果、柔軟な保守開発や障害発生時の切り分けが難しくなっているとのこと。
そのため、SOA(サービス指向アーキテクチャー)という設計手法でシステムを構築し、新システムへ全面移管しようという計画となっています。

と、このニュースに反応した理由は、STEPS開発に携わりそうになったことがあるからです。
今から二十数年前の話。友人から「うちの会社に来ないか?」と就職のお誘いが。食事につられて、大手ITベンダー某社の方にお会いして話を聞きました。
仕事の内容は、勘定系システム開発。その当時、アルバイトで勘定系システムの開発をしていたので、仕事の内容は問題なし。即採用するので、すぐにでも来てほしいとのことでした。
ハード系の仕事がしたかったので丁寧にお断りしましたが、もし就職していたら今回の開発プロジェクトに関わっていたかもしれません。

デスマーチ案件だと思っていたので、実際の開発状況はどんな感じだったのか気にかかります。




  クリックして応援をお願いします!

Arduino 101
出典:arduino.cc

Intelは、超小型チップ「Curie」の生産終了を明らかにしました。先月には「Galileo」「Joule」「Edison」の販売終了に続いての撤退です。
これに伴い、Arduino LLCがインテルと共同で設計したCurieチップ搭載の「Arduino 101」も、9月17日をもって注文の受付が終了するとのこと。Intelは、Arduino 101の供給を続けるための努力を続けているそうです。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ