0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…


未来を感じるテクノロジーやプロダクトを紹介するbouncyが、Twitterのフィードを半球状に表示するARアプリ「TweetReality」を紹介しています。
iPhoneやiPadの画面にツイートが広がって表示されます。もちろん、リツイートなどの操作も可能。
App Storeで無料配布されています。Androidに対応していないのが残念!


  クリックして応援をお願いします!


Engadget 日本版によると、2005年の12月14日は、Windows Mobile 5.0を搭載したスマートフォン「W-ZERO3」が発売された日だそうです。
スライド型のキーボードが使いやすく、携帯電話と2台持ちで活用していました。その後に出たW-ZERO3[es]は画面が小さいものの、携帯電話に近い形になって持ちやすく、これはこれで便利でした。
この形状のスマートフォンが出てくれたら、今でもほしいくらいです。

20171214080215
20171214080229
出典:シャープ


  クリックして応援をお願いします!

20171214081934
出典:トヨタ

2017年12月13日、トヨタとパナソニックは、車載用角形電池事業について協業の可能性を検討することに合意しました。
トヨタは、世界初の量産HV車「プリウス」を1997年に発売。2014年には、燃料電池自動車「MIRAI」を発売するなど、車両の電動化を推し進めてきました。
また、パナソニックは、車載用リチウムイオン電池を世界の多くの自動車メーカーに供給しており、車載用電池事業を重点事業の一つと位置づけています。
今回、両社は業界ナンバーワンの車載用角形電池を実現し、トヨタのみならず、広く自動車メーカーの電動車の普及に貢献すべく具体的な協業内容を検討していきます。
なお、この協業の検討には、次世代電池の「全固体リチウムイオン電池」も含まれているそうです。





関連リンク
トヨタとパナソニックが車載用角形電池事業の協業について検討を開始 | CORPORATE | トヨタグローバルニュースルーム
トヨタとパナソニックが車載用角形電池事業の協業について検討を開始 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan



  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ