0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

170303_特許庁DB

特許庁は、水戸市のイベント会社が登録していた水戸徳川家の家紋「三つ葉葵」と似たマークの商標取り消しを決定しました。
イベント会社では「お守り、御札、護符」そして「日本酒」などに使用するとして商標を出願し、昨年12月に登録が認められました。これに対して、水戸徳川家15代当主が理事長を務める公益財団法人「徳川ミュージアム」は、水戸徳川家の家紋に類似しているとして特許庁に異議申し立てをしていました。

水戸市のイベント会社側には、知的財産高等裁判所に提訴する道が残っています。その期限は30日以内。その動向に要注目です。




  クリックして応援をお願いします!

hp-2
hp-3
出典:JUKI

JUKIは、電子部品実装機の新たな顧客層として車載分野の開拓に乗り出します。
新分野開拓のカギとなる製品は、高速スマートモジュラーマウンタ「RS-1」、そして次世代型3D基板外観検査機「RV-2-3D」。
この両製品を組み合わせることで、段取り替えのロス低減やトレーサビリティの高度化など、高付加価値な提案で攻勢をかけます。

モジュラーマウンタ「RS-1」では、クラス最高タクト40,000CPH(最適条件)を実現。
また、3D基板外観検査機「RV-2-3D」は、従来機対比34%向上の0.41sec/FOVを達成。高さ分解能0.1μm、繰り返し精度10μm(0402チップの場合)と高精度です。
RV-2-3Dを売り込むために検査機専門の部署も立ち上げられています。今後、目視検査支援機Neoviewとのリンク案件が増えるのが楽しみです。



関連リンク
JUKI:SMTトップ


このBlogで紹介したい製品がある方は、ぜひ情報をお寄せください。
お待ちしております!

ビジネス_01_free



  クリックして応援をお願いします!

img_asm430
出典:オーディオテクニカ

2017年2月21日、オーディオテクニカ、すしメーカー「ASM430」を発売しました。
すしメーカーという名のとおり、業務用の「しゃり玉」をつくる装置です。同社従来機より175%スピードアップし、1時間あたり最大4200個を形成。また、機械の両側に2人が立って作業する「両取りモード(特許申請済)」も業界初で搭載しました。
asm430_illust1

出典:オーディオテクニカ

一般的には音響機器のイメージが強いオーディオテクニカ。同社が食品加工機器に参入したのは、1984年。スタートは、新規事業の社内公募からスタートしたそうです。
家庭用として販売を開始し、その後は業務用食品加工機器に参入。いまでは「AUTEC」という業務用調理器具ブランドで業界トップレベルまで成長しました。同社の製品は、海外の回転寿司店や国内大手スーパーなどに導入されて、日本の食を支えています。

170301_AUTEC

出典:オーディオテクニカ


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ