0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

スイッチサイエンスさんから荷物が届きました。
20161213_17541920161213_175753

届いたのは、Arduino用ブートローダライタシールドキットなどです。
20161213_17551720161213_190054

今後の量産を考えて、ブートローダが書き込める環境を作っておきます。
ブートローダが飛んだArduino(互換品)をこれで治ればいいのですが。あっ、書き込むには別のArduinoが必要ですからご注意ください。

関連記事
Arduinoのブートローダ、飛んだかも…

関連リンク
スイッチサイエンス
Arduino Uno用ブートローダライタシールドキット
 
  クリックして応援をお願いします!

iiizbxjxvmlvhp0rqazt

以前の記事で紹介したメジャー機能付きスマートペン「01」に、3Dスキャン機能が追加されるそうです。
ペン自体に機能が追加されるのではなく、スマートフォン専用のアプリに3Dスキャン機能が追加される仕組みです。
ペンを測定物に沿って動かすだけで3Dスキャンができるなんて、3Dデータづくりがいきなり身近になりそうです。

関連リンク
Indiegogo
InstruMMents


  クリックして応援をお願いします!

GEAK_20161107_104053

Raspberry Pi Zero、Raspberry Pi 3ほどのパワーはありませんが、この小ささは魅力です。
ただ残念なのは、日本で買うとちょっとお高いこと。英国で5ドル/4英ポンドのものが、先日Amazonで買ったのは¥3,000 +¥340(関東への配送料)です。

そんな中、グッドニュースが舞い込んできました。
Raspberry Pi財団は、Raspberry Pi Zeroを日本で2017年第1四半期には発売するそうです。
日本での販売パートナーはまだ未定。他のRaspberry Pi製品のように、RSコンポーネンツさんも取り扱うことになるかも。




  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ