0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

170623_人型外観検査システム外観けんた君_
出典:デクシス

表面検査装置・外観検査装置メーカーのデクシスは、双腕型ロボットに外観検査機能を搭載した人型外観検査システム「外観けんた君」を2017年7月に発売します。
外観けんた君には、ABB社製 協働双腕ロボット「YuMI」を採用。触れれば止まる安全機能を搭載しており、人との作業共存が可能です。また、人のように個人の能力による検査精度のばらつき、集中力の欠如や単純ミスなどはなく、検査品質が安定します。さらに、24時間、365日休日なしで稼働可能です。

外観検査システムと読んでいますが、その機能は検査だけにとどまりません。製造ライン内で部品を整列したり、ネジ締めなどの軽作業も併せて行うことができます。
これは現場でかなり重宝することでしょう。



関連リンク
デクシス:人型外観検査システム「外観けんた君」
ABB:YuMi®:人とロボットの協働による製造革命の推進。


  クリックして応援をお願いします!

170623_パワーグローブ
出典:DIME

パワーグローブは、1990年に発売されたファミコン専用コントローラです。ファミコン世代の方なら、一度は目にしたことがあるでしょう。その当時、手や腕を動かしてファミコンを動かせるという衝撃的なインターフェイスに驚かされたのを覚えています。
しかし、その操作性は残念ながら最悪。鳴り物入りで発売されたものの、その特性を活かしたソフトはろくに販売されず、パワーグローブは人知れず市場から消えました。

パワーグルーブに再会したのは、それから数年後。秋葉原のショップ店頭でした。
叩き売り状態で超格安。誰も目もくれないその一品を喜び勇んで買い込んで、足ばやに家路につきました。その手には2台のパワーグルーブをぶら下げて…

その後、パワーグローブを分解して回路を解析したり、PCに繋いで新しいユーザーインターフェイスの研究に使ったりしたのを覚えています。
いま考えると、あまりに時代を先取りしすぎたのかもしれません。



関連リンク
DIME:あの頃これが欲しかった!ファミコン向けコントローラー『パワーグローブ』


  クリックして応援をお願いします!

22_00-1
出典:NTTドコモ

2017年6月22日、NTTドコモは、横浜市、and factoryと共同で、AIやIoT機器などを駆使して居住者の快適な生活をサポートする「未来の家プロジェクト」を開始しました。
このプロジェクトでは、IoT家電やセンサなどを実装した「IoTスマートホーム」を用いて実証実験を実施。居住者のリラックス度や活動量などの生活状態を可視化するなど、居住者の生活状態を把握します。将来的には、AIを通じて居住者の状態に合わせた快適な室内環境へ自動調節する未来の家の実現をめざします。

170623_image
出典:NTTドコモ

IoTスマートホームでは、居住者の快適な室内環境を実現するために、数多くのセンサやデバイスが使われています。それらの一覧は
170623_センサ類
出典:NTTドコモ

未来の家はセンサやコンピュータだらけって感じですね。
IoT機器をターゲットにしたウイルスも拡散していますので、それらへの防御も併せて実験してもらいたいものです。



関連リンク
NTTドコモ;報道発表資料:横浜市、and factoryとIoTスマートホームを活用した「未来の家プロジェクト」を開始


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ