0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

160812_Logitech Pop Home Switch
出典:Jacob Krol/CNET

ロジテックは、スマートホーム機器を操作できるスイッチ「Pop Home Switch」を発表しました。
このスイッチは、インターネットに接続されたLED、錠、ブラインドなどを操作できるとのこと。
1回押し、2回押し、および長押しの3種類の操作が可能。ボタンを押すだけでお使いのスマートホーム機器を動かし、窓のブラインドを閉じたりすることもできるわけです。

8月中にアメリカで発売される予定。商品はの2種類。
  • Logitech Pop Home Switch Starter Pack : $100
  • Pop Add-On Home Switch : $40
160812_Pop_Family
出典:Logitech

シンプルなデザインですね。使ってみたくなります。
おっと、その前にスマートホーム機器を手に入れなくちゃ!

関連リンク
ロジテック、スマートホーム機器を手元で制御できる「Pop Home Switch」を発表
Logitech プレスリリース(英文)
 

  クリックして応援をお願いします!

160628_charumera

「チャルメラ」でおなじみの明星食品
なんと、日清食品のカップヌードルよりも10年早くカップ麺を生み出していたそうです。

明星食品は即席めんの製造を1959年に開始。日清食品のチキンラーメン発売の1年後のことでした。
その後、1961年に鎌倉・由比ヶ浜の海の家で「明星チャーシューメン」というカップめんを試験販売。紙製カップに、めんと粉末スープと乾燥具を入れたものでした。
しかし、この試験販売で容器の耐油性に問題があることが判明。めんを容器に入れるアイデアだけは特許も実用新案権も取得できず、市販化を断念することとなりました。
その結果、日清食品のカップヌードルにカップめん第一号の座をゆずることになったのです。

さて、ここで注目すべきなのは、明星食品が開発した技術、スープの小袋
この技術によって、即席めんで味のバリエーションを楽しめるようになり、ラーメンのみならず焼そば・和風めんが商品化され市場が急激に拡大しました。
1つの技術が0を1にし、さらに1を100へと成長させて大きな市場を作り出したのです。

160810_charumera


  クリックして応援をお願いします!

newspaper_w320xh213

東芝の事業売却、シャープの鴻海傘下入りなど、日の丸家電業界で大きな動きが目立ちます。
生き残りをかけた戦いはまだ続きそうです。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ