0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

160725_opd
出典:特許庁

特許庁は、海外の特許審査に関連する情報(ドシエ情報)を日本語で一括検索できるシステムを完成しました。
検索できる情報は、米国、欧州、中国、韓国などで世界の8割超の情報をカバー。近く運用を始め、一般のユーザーも利用可能となります。

特許出願にあたり、海外特許の調査はとても面倒な作業でした。
日本語で一括検索できるようになれば、知財戦略がやりやすくなります。
また、各国のドシエ情報が英訳でも提供されことも特筆すべき点でしょう。普段触れることの少ない中国語などの情報が英訳されれば、利便性が格段に上がりますから。

  クリックして応援をお願いします!

newspaper_w320xh213

全国の65空港で、滑走路の全長が国の基準を満たしていないそうです。
その理由は、国土交通省の設置基準が国際基準の改正に合わせて2001年に変わったこと。
オーバーランなどを想定した過走帯(滑走路端安全区域:RESA)の全長がのように変わったためです。

 旧設置基準 : 全長40メートル以上
 新設置基準 : 全長90メートル以上(滑走路1200メートル以上の場合)
160726_airport_01
出典:読売新聞

つまり、空港の建設後に基準が改正されたわけ。
延長工事は容易ではないことから、同省は米国の多くの空港で使われているアレスティングシステムという対策を検討しています。
160726_airport_02
出典:読売新聞

このアレスティングシステム、止まるときの感じってどうなんでしょう? 経験したくはないですが。
オーバーランの経験はないですが、香港の空港でタッチ&ゴーは経験しました。あーいうときに滑走路の長さが問題になるのでしょう。


  クリックして応援をお願いします!

160509_kousya
茨城県中小企業振興公社は、中小企業等の知的財産権に関して、弁理士・弁護士による相談会を開催しています。
  • 弁理士による相談
    開催日 : 8月3日(水)、17日(水)、25日(木)、31日(水)
        9月7日(水)、14日(水)、21日(水)、28日(水)
    時 間 : 13:30~16:30
    会 場 : 茨城県産業会館9階、「知財総合支援窓口」茨城県中小企業振興公社内

  • 弁護士による相談
    開催日 : 8月9日(火)、9月15日(木)
    時 間 : 13:30~16:30
    会 場 : 茨城県産業会館9階、「知財総合支援窓口」茨城県中小企業振興公社内
参加するには予約が必要ですので、で問い合わせしてください。

  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ