0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

17-03-01-19-16-44-777_photo

今日、2017年6月30日は、平成25年度ものづくり補助金の事業化状況・知的財産権等報告の〆切日です。報告はもうお済みですか?
お済でない方は、関連リンクの記事を参考に報告を行いましょう。

ものづくり補助金による補助事業が終了した後、5年間は補助事業の成果の事業化状況等について報告をする義務があります。
今回の報告は、の「事業化状況・知的財産権等報告システム」というWebのサービスを使って行います。
パソコン_H100
平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業
「事業化状況・知的財産権等報告システム」
  https://www.25mono-system.jp/report/Authority/LoginCompanies/

本システムへの登録期間は、平成29年4月1日 ~ 平成29年6月30日まで。この期間を過ぎると、本システムの登録ができませんので期間内に登録してください。
年度の違う補助事業の報告はURLが異なりますので、各地域の事務局に問い合わせしてください。
また、報告期間も補助事業の年度ごとに変わりますので注意してください。
 
事業化状況・知的財産権等報告書(様式第13と様式第13の別紙)の報告の流れ
  1. システムにログインした後、「事業化状況・知的財産権等報告書」メニューで事業化報告と直近の損益計算書のデータをシステムに登録する。
  2. システムで文書発信年月日(報告書印刷)を押し、「文書発信年月日」を登録します。
これで報告完了です。郵送での提出は不要になりました。

システムのログイン時や報告登録時に必要なもの
  1. 25から始まる10桁の受付番号
  2. メールアドレス
  3. 地域事務局より配布された初期パスワード(パスワードを変更した場合は、変更後のパスワード)
  4. 直近の損益計算書

関連リンク
平成25年度ものづくり補助金の事業化状況 2年目を報告


  クリックして応援をお願いします!

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

17日、海の日は通常営業日です。
 
neoview


  クリックして応援をお願いします!

最近メディアを賑わすことの多い「IoT」。経済産業省が掲げた第4次産業革命でも活用の柱にIoTが示されています。
モノのインターネットということで、さまざまなモノがInternetに繋がるわけですが、そのレベルは大規模で複雑なものからシンプルなものまでさまざま。

これなんか、シンプルなIoTの代表選手でしょう。


MicroBot Pushができることは、人に代わってボタンを押すことだけ。
家にある家電品に取り付けるだけで、コーヒーメーカーの電源を入れたり、照明のスイッチを押したりを外出先からでも行うことができます。



スイッチの種類によっては、MicroBot Pushを2つ使ってON/OFFもできそう。
家庭でのIoT活用の手始めにいかがでしょうか。




  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ