0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

企業にとってコーポレートカラーは、企業イメージを伝えるためにとても重要なものです。
色には人の心理や感情に働きかける効果があり、人の行動にも影響を与えます。そのため、企業は色の効果を研究し、色の持つ力で消費者にさまざまなアプローチをするわけです。

Color_Emotion_Guide221-1024x897
出典:THE LOGO COMPANY

色を変えたことで売り上げが上下する、という話を耳にすることはけっこうあります。
極端な例かもしれませんが、検査機を金色に塗った企業もあるくらいです。

自社製品を開発するとき、コーポレートカラーとともにブランドカラーにも緻密な計算が必要ですね。



関連記事・リンク
青の戦い! 企業カラーの分布で見るとわかります
THE LOGO COMPANY : Color Emotion Guide


  クリックして応援をお願いします!

161101_Microsoft Flow_01

Microsoftは、ワークフロー自動化ツール「Microsoft Flow」を正式公開しました。
Microsoft Flowは、IFTTTやZapierにように各種Webサービスを連携させてアプリやサービスをまたぐワークフローを自動化できるサービスです。
料金プランは、無料、月額5ドルの「Flow Plan 1」、月額15ドルの「Flow Plan 2」の3種類。詳細はMicrosoft FlowのWebで確認してください。

4月にプレービュー公開されたときにアカウントを登録してあったので、久しぶりにアクセスしてみます。
まずは、現時点で連携できるサービスは…
jpeg

公開時点では58サービスに対応しています。IFTTTとくらべると、まだまだな感じですね。
サービス名の下に[PREMIUM]と書かれているものは有料サービスでのみ連係可能。

つぎに、ワークフローの作り方をみてみます。
ワークフローを一から作ることもできますし、テンプレートを使ってアレンジすることもできます。
161101_Microsoft Flow_03

ここでは、Twitter関連の中から「特定のキーワードに関する新しいツイートがあったらメールを送信する」ワークフローを選んでみます。
複数のステップが設定できるところは、Zapierに近いかも。
161101_Microsoft Flow_04

各ステップをつなぐ際には条件分岐ができますので、IFTTTより詳細な設定が可能です。
オブジェクト名などもぜんぶ日本語で表示されるのも好印象。
161101_Microsoft Flow_06

BlogやSNSのチェックや投稿を自動化するには効果を発揮するでしょう。
あとは連携サービスが増えることに期待したいところです。

関連リンク
Microsoft Flow
 
  クリックして応援をお願いします!


10月25日放送のガイアの夜明けでビックツールの高性能ドリル「GEKKOU」が紹介されていました。
ビックツールによると、このドリルの特長は
  1. 驚愕の切れ味
  2. 穴あけ対象を選ばない、優れた食いつき性能
  3. 従来品の10倍長持ち
番組では、このドリルを医療用として活用している様子が取り上げられていました。
手術で骨に穴をあけるとき、食いつき性能がよいので狙ったところにピタリと穴が開けられるそうです。



穴あけの精度や作業効率を向上したい方は、ぜひお試しください。



  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ