0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

00_m.png
出典:GIGAZINE

IoTのセキュリティはまだまだ課題が山積みです。
ネットワークに接続される「モノ」が増加すれば、「モノ」へのサーバー攻撃も増加することが予想されます。さらに気を付けなければならないのは、乗っ取られた「モノ」からのサイバー攻撃です。

「モノ」からのサイバー攻撃の恐るべき事例をGIGAZINEが紹介しています。

その事例では、ウェブカメラなどのIoT機器がハッキングされ、それらで形成されたボットネットを使ってDDoS攻撃が仕掛けられたそうです。しかも、仕掛けた相手は、セキュリティ関連のニュースを報じる「KrebsOnSecurity」のサーバー。24時間以上にわたってダウンしました。
その攻撃では毎秒620ギガビット(620Gbps)の負荷がサーバーにかけ続けられており、これまでのDDoS攻撃の2倍近い大規模なものであったそうです。

その後、同様の手口でさらに大きな攻撃がフランスのホスティングサービス提供企業 OVHのサーバーに仕掛けられたことも判明しています。その攻撃のレベルは、なんと毎秒1.1テラビットという驚異的なトラフィックの攻撃。


IoT機器の増加に伴って、ハッキングによって乗っ取られたゾンビデバイスが一気に増える恐れがあります。しかも、ゾンビである素振りさえ見せない巧妙な手口で…

参考までに、用語の説明は

ボットネット(英:Botnet)は、サイバー犯罪者がトロイの木馬やその他の悪意あるプログラムを使用して乗っ取った多数のゾンビコンピュータで構成されるネットワークことを指すようになっている。 
(by Wikipedia)

DoS攻撃(ドスこうげき)(英:Denial of Service attack)は、情報セキュリティにおける可用性を侵害する攻撃手法で、ウェブサービスを稼働しているサーバやネットワークなどのリソース(資源)に意図的に過剰な負荷をかけたり脆弱性をついたりする事でサービスの正常な動作を侵害する攻撃を指す。
(by Wikipedia)


関連リンク
GIGAZINE : 毎秒1テラビットという史上空前のDDoS攻撃が発生、攻撃元はハッキングされた14万5000台ものウェブカメラ
GIGAZINE : 世界中の防犯カメラを駆使して行われる大規模DDoS攻撃の存在が明らかに



  クリックして応援をお願いします!

160928_cut_display

物質・材料研究機構は、ハサミで好きな形に切れる新しいディスプレイを開発しました。
このディスプレイは、好きな形に切り取って使用できるため、衣服など複雑な形状のものに張り付けて使用できます。従来のディスプレイでは表現できない様々な表示用途での利用できると考えられます。

このディスプレイは電気で色が変わる特性を持ったポリマーを使用しており、フレキシブル基板上にスプレーできれいに製膜することができます。
表示を変えるには電気を数秒流すだけでよく、電源を切っても表示が保持されるのも特徴です。

現時点では小型で単色の表示しかできません。今後、大画面化と多色化が進めば、街中で普通に見かけるように普及するかもしれません。今後の研究に期待しましょう。


  クリックして応援をお願いします!

2016年9月29日の読売新聞によると、総務省は地方自治体でのIoT導入を支援する方針です。
医療や観光などの分野でIoTの導入に成功した事例を集めて地方自治体にノウハウを提供するほか、補助金の支援などを検討します。

総務省の調べによると、全国の自治体ではIoTに関心があっても具体的な取り組みが進んでいない状況です。その主な理由は、予算の制約や人材不足。
そのため、総務省は有識者検討会を開き、IoTを全国の自治体に広げるための施策を検討します。また、地方へのIoT導入に関する予算を16年度第2次補正予算案などに盛り込み、約250億円ほど盛り込み済みです。

IoTの使い方も地域によってさまざま。
日本列島は北は北海道から南は沖縄までと南北に長く、海あり山ありで気候・地形も多様です。
その多様な地域独特の産業があり、それらに対応する地方自治体が存在します。
地方自治体でのIoT導入が進むと、 他国では見られない幅広い視点でのIoT導入事例がノウハウとして蓄えられることになるでしょう。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ