以前の記事のとおり、商品名が「Neoview」に決まりました。
それでは、さっそく商品名を使ってPRを!

おっと、その前にやることがあります。
これも以前の記事の「特許調査」と同じように、「商標」を調査しなければなりません。
大変な思いをして考え出した商品名が「使えない!」なんてことになったら困ります。それ以上に「うちの商品名を使うな!」と訴訟を起こされたら一大事です。
裁判_H100
商標とは、取り扱う商品やサービスを他者(他社)のものと区別するために使用するマークのことです。文字、図形、記号、またはそれらの組み合わせなどがあります。
わかりやすいところでは、ゆるキャラで有名な「くまモン」も商標に登録されています。

商標調査をする目的は

1.商標を安心して使うため
商標登録をする1番の目的は、その商標を安心して使用し続けることができることです。
登録を更新し続ければ、商標を独占的に使うことができます。

2.他者(他社)に勝手にその商標や似た商標を使わせないため
商標に関する「面白い恋人」事件って聞いたことはありますか? 北海道の人気菓子「白い恋人」に似た名前の「面白い恋人」というお菓子が訴えられた事件です。そりゃ、こんなに似た名前を使われちゃ、人気菓子のメーカーは怒るでしょう。
こういうときに商標が活きてきます。商標を取っていなかったら、そのまんま同じ名前を使われても文句は言えませんから。しかも、後からその名前を商標登録されたら、自分がその商標を使えなくなってしまいます。

商品名(商標)を適切に使い続けると、御客様の間にそのイメージができあがり、ブランドとしての信用と信頼が増していきます。名前を聞いただけで「あれのことね!」と、わかってもらえるようになれればブランドとして一人前でしょう。
商標も以前の記事で書いた「特許調査」と同様に、弁理士に頼めばしっかり調べてもらえます。
 
関連する書籍は↓


 
  クリックして応援をお願いします!