fair2017_programming
出典:アイ・オー・データ機器

2017年3月15日、アイ・オー・データ機器は、BASICでプログラミングができる「こどもパソコン IchigoJam」のOSをRaspberry Pi 3 Model Bに移植したことを明らかにしました。
同社は開発した「IchigoJam RPi」を活用し、教育現場におけるプログラミング教育の取り組みを推めます。

IchigoJamは、こどもへのプログラミング教育向けに開発されたシングルボードコンピュータで、コンポジット入力のテレビやPS/2キーボードを接続してパソコンとして使用します。電源ONですぐにBASICのインタプリタが起動するため、こどものプログラミング教育に最適です。
attention
出典:IchigoJam

今回、IchigoJamのOSをRaspberry Pi 3 Model Bに移植したことで、コンポジット入力のテレビやPS/2キーボードといったレガシーデバイスを使わずにプログラミング教育が可能となった可能性があります。
なお、現時点では、IchigoJam RPiの詳細は明らかにされていません。4月15日・16日に開催される『I-O DATA フェア2017』の「IchigoJam RPi」プログラミング体験イベントで初公開されます。

関連リンク
I-O DATA フェア2017
 
  クリックして応援をお願いします!