平成25年度ものづくり補助金の事業化状況 2年目を報告しました。

入力の途中で資料を探していたりするとタイムアウトしてしまいます。 この記事の画像を参考にして、事前に資料をそろえてから入力を開始しましょう。

■ログイン画面
170410_メインメニュー

システムのログイン時や報告登録時に必要なもの
  1. 10桁の受付番号
  2. メールアドレス
  3. 地域事務局より配布された初期パスワード(パスワード変更した場合は、変更後のパスワード)
  4. 直近の損益計算書
■メインメニュー
170410_メインメニュー

「報告書・申請書」欄の「事業化状況・知的財産権等報告書」をクリックします。

■事業化状況・知的財産権等報告書
170410_事業化状況・知的財産権等報告書

「事業化状況」から入力していきます。
すでに1年目のデータが入力されていますので、2回目の行に入力します。

■現在の状況
170410_現在の状況_

ここが入力のメインです。
入力する項目は↓のように結構あります。
 (1)資本金(必須)
 (2)従業員(必須)
 (3)総売上高(必須)
 (4)経常利益および付加価値額の算出
  ① 営業利益(必須)
  ② 営業外費用(必須)
  ③ 経常利益(①-②)
  ④ 人件費(必須)
  ⑤ 減価償却費(必須)
  ⑥ 付加価値額(①+④+⑤)

一部分は自動で計算されます。
また、「最近の取組状況、成果、事業化の見通し」欄は150文字以内と制限があります。文章を事前に作っておいてコピー&ペーストすると楽です。

■損益計算書登録
170410_損益計算書登録_

損益計算書のPDFファイルをアップロードします。
アップロードすると、画面の下にファイル名が表示されます。

■登録完了後の画面
170410_報告書印刷

登録が完了した箇所には、登録した日付が表示されます。

■報告書印刷
170410_報告書印刷

登録した報告書を印刷して保管しましょう。
報告書の形式はPDFとExcel形式が選べます。

関連記事
平成25年度ものづくり補助金、事業化状況報告システム開始の1カ月前です
明日4月1日、平成25年度ものづくり補助金の事業化状況報告が受付開始されます。
平成25年度ものづくり補助金の事業化状況報告、報告の流れが変わりました
平成25年度ものづくり補助金、報告書提出の電子化


  クリックして応援をお願いします!