ライジングボラード   シー・ティ・マシン_
出典: シー・ティ・マシン

時間になるとポールが自動昇降する車止め「ライジングボラード」を、新潟市が小学校の通学路に全国で初めて試験導入することになりました。国土交通省によると、通学路での設置は全国で初めてだそうです。
今回の設置では、子供たちが通学する7時半から45分間、一方通行の入り口にポールがせり上がって車の進入を止めます。この道路は通勤の抜け道となっており、通学する子ども達への危険性が指摘されていました。

ライジングボラードが日本の道路で全国で初めて設置されたのは、新潟市中央区古町通6の商店街でした。平成26年8月1日のことです。そして今回、全国初となる通学路では導入も新潟市です。

車の侵入を物理的に止めるライジングボラードが日本でも普及し、子ども達が安全に通学できる環境となることを期待します。




  クリックして応援をお願いします!