アイサイトは、次のステージへ | SUBARU
出典:SUBARU

2017年6月19日、SUBARUは、運転支援システム「アイサイト」を機能強化し、新機能「ツーリングアシスト」を搭載すると発表しました。新型アイサイトは、2017年夏に発売する「レヴォーグ」および「WRX S4」の全車に標準装備します。
ツーリングアシスト機能では、高速道路の同一車線での自動追従機能を強化。車線中央を維持する機能の作動範囲を従来の時速60km/h ~100km/hの範囲から時速0km/h ~ 120km/hに拡大しました。これにより、すべての速度範囲でアクセル、ブレーキ、ハンドルの自動制御が可能です。

この機能、日産の自動運転技術「プロパイロット」と同じレベルのようですね。
この技術をSUBARUは、自動運転ではなく「運転支援システム」と位置づけています。それだけに、アイサイトの認知度の高さが伺えます。


  クリックして応援をお願いします!