Qualcomm
出典:Qualcomm

2017年7月6日(米国時間)、半導体大手のQualcommは、AppleのiPhoneが同社の特許を侵害しているとして、iPhoneおよびその他の製品の米国への輸入を禁止する制限排除命令を発行するよう、米国国際貿易委員(ITC)会に申し立てをしました。
また、ITCに提出された同訴で同じ6件の特許を侵害していると主張して、カリフォルニア州南部地方裁判所においてAppleに訴状を提出しました。訴状は、損害賠償と差止め救済を求めています。
ロイター通信によると、Qualcommが特許侵害としているのは、iPhoneに搭載されたIntel製の半導体部品とのこと。

AppleとQualcommの訴訟合戦、泥仕合の様相です。また、少し前にはNOKIAやSamsungなどとの訴訟もタイムラインを賑わせていました。
まぁ、それだけiPhoneが市場で大きな存在だということの証でしょう。



関連リンク
Qualcomm Files Patent Infringement Complaints Against Apple with International Trade Commission and Federal Court


  クリックして応援をお願いします!