未来を感じるテクノロジーやプロダクトを紹介するbouncyが、自動で心肺蘇生措置を行うことができる救命器具「AutoPulse」を紹介しています。
患者の胸囲に合わせて自動で伸縮し、自動で心臓マッサージを行うというものです。患者をストレッチャーなどで移動させる間も心臓マッサージが続けられるというメリットは大きいですね。

なんらかの事故などで人の命が危険な状態となったとき、一次救命処置はとても重要な役割を持っています。適切な一次救命処置ができるかできないかで、心停止となった人の生存率は大きく変わるのです。

衛生管理者には、のような一時救命処置に関する知識が必要です。
  • 後頭部を下げて顎を上げ、気道を確保する
  • 心肺蘇生は、人工呼吸2回→胸骨圧迫30回をくり返す
  • 胸骨圧迫は、胸が4~5cm程度沈む強さで胸骨の下半分を圧迫。テンポは1分間に100回
  • 自動体外式除細動器(AED)を使用して電気ショック不要と判断されたときは、音声メッセージに従って心肺蘇生を続ける

第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。



  クリックして応援をお願いします!