明電舎は、富士通が提供するIoTソリューションを活用して労働災害対策を強化しました。
この対策では、IoTで作業者を見守り安全な作業環境を実現する「安全管理支援ソリューション」を導入。作業者が装着した「バイタルセンシングバンド」で、温湿度が高い作業現場での熱ストレスレベルや身体負荷レベルを推定します。

衛生管理者試験には熱中症に関する問題も出題されます。


熱中症及び高温対策に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
    1. 高温環境の評価には、湿球黒球温度指数(WBGT)が用いられる。
    2. 熱中症とは、高温環境への適応ができず、あるいは許容の限界を超えた場合に発症する障害の総称である。
    3. 熱射病は、高温環境下での体温調節中枢の変調によるもので、発汗が停止し体温が上昇し、意識障害や呼吸困難などの症状がみられる。
    4. 熱虚脱では、皮膚の血管が拡張して、循環血液が減少し、めまいや血圧低下などの症状がみられる。
    5. 熱痙攣は、多量の発汗により失われた水分の補給が不十分なために生じ、血液中の塩分濃度の上昇、発熱、筋肉痙攣などの症状がみられる。
            ↓ の行を選択すると答えを見ることができます。
            答:5



            第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
            ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。



              クリックして応援をお願いします!