170907-001
出典:日本電産

日本電産は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)向けに、トラクションモータ、ギヤボックスとインバータを含めたトラクションモータシステム(E-Axle)を新規開発しました。
急速に拡大する自動車の電動化へのニーズに対応するため、2019年から生産を開始します。

E-Axleでは、独自開発した新冷却システムを採用し、従来品にくらべてサイズと重量を大幅に削減。コストダウンとより広い車室内スペースの確保を実現できます。
出力は小型自動車やセダンから SUVプラットフォームまで対応可能(40~150kW、1,200~2,550Nm)。
また、電動ウォーター/電動オイルポンプ、シフト・バイ・ワイヤ用アクチュエーターなど、同社の他の車載製品を組み合わせて提供することも可能です。

世界No.1の総合モーターメーカー 日本電産が本格参入となると、他のメーカーはうかうかしていられませんね。価格・性能での競争激化は避けられません。


  クリックして応援をお願いします!