be-MEVOEPjkXEk_01
出典:トヨタ自動車

トヨタ自動車は、第3世代のヒューマノイドロボット「T-HR3」を公表しました。
トルクを制御する「トルクサーボモジュール」と、全身を自在にあやつるマスター操縦システムなどにより、操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、操縦者と同じ動きをT-HR3にさせることができます。

T-HR3のコア技術であるトルクサーボモジュールは、トルクセンサー、モーターや減速機などから構成されています。内蔵された高感度トルクセンサーによりトルクを感知し、意図したトルクを出力できるよう、モーターを制御。これにより、ロボットの関節を柔軟に制御することでしなやかな動きを実現するとともに、ロボットが外から受ける力を操縦者に伝えることが可能です。
このトルクサーボモジュールは、T-HR3の関節29か所とマスター操縦システムの16か所に配置されています。

002_jp
003_jp
出典:トヨタ自動車

操縦者は、ロボットに搭載されたステレオカメラに映し出される立体映像を、ヘッドマウントディスプレイを通じてリアルタイムで確認しながら、マスターアームやマスターフットを通じて、あたかも操縦者の分身であるかのような感覚で、離れた場所からT-HR3を操縦することができます。

be-MEVOEPjkXEk_02
出典:トヨタ自動車

なお、T-HR3は、11月29日から12月2日まで東京ビッグサイトで開催される2017国際ロボット展に出展される予定です。

まるでロボットアニメに出てくるコクピットのよう。これで重機を操縦できたら仕事がはかどりそうですね。





  クリックして応援をお願いします!