4月2日、鴻海精密工業とシャープは共同会見を開催し、鴻海によるシャープへの出資についての契約に正式に調印しました。鴻海の郭台銘(Terry Gou)会長は「短期間で黒字化できると約束する」と述べ、シャープ再建を急ぐ考えを示しました。

シャープは3888億円の出資を受け、日本の電機大手で初となる外資の下での復活を目指します。
鴻海によるシャープ買収は、日本の電機大手が外資に買収される初めてのケースとなりました。

 をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!