160413_miura
出典:フランク三浦
フランク・ミュラーといえば、スイスの高級時計。
この「フランク・ミュラー」という商標に関する裁判がありました。問題の商標は「フランク三浦」。パクリと言っていいのか、パロディーと言っていいのか…

朝日新聞の記事によると、「フランク三浦」を商標登録した会社が勝訴し、特許庁で一旦は取り消された「フランク三浦」の商標を正式に認める判決が下りました。
話が少しややこしいので整理します。流れは

フランク・ミュラー : 「語感が極めて似ている」「信用や顧客吸引力への『ただ乗り』目的だ」と主張し裁判を起こす。
   Arrow_0213
特許庁 : フランク・ミュラーの申立てを認め、「フランク三浦」の商標登録を取り消し
   Arrow_0213
フランク三浦 : 判決を不服とし、裁判を起こす。
   Arrow_0213
知財高裁 : 特許庁の判断を取り消し。「イメージや外見が大きく違う」として、「フランク三浦」の商標を正式に認める判決。

知財高裁での判決では「呼称は似ているが、外観で明確に区別できる」と指摘。「100万円を超える高級腕時計と4,000~6,000円程度の低価格商品を混同するとは到底考えられない」と述べたそうです。

今回の判決を考えてみると、商品を誤認混同するかどうかが問題だったといえます。商標法でいう「類似」というやつですね。高級腕時計と低価格商品を混同することはありえないため、商標権侵害は成立しないという判断でしょう。
今回の判決はあくまでも商標に関してです。商標に問題がないとしても、不正競争防止法などで問題が出るかもしれません。

まぁ、いずれにしても、どちらの時計もほしいと思えません…

 をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!