20181031090342-s
出典:NTT東日本

NTT東日本・西日本の計画では、INSネットディジタル通信モードが2024年1月に終了します。固定電話をIP網に移行する作業に2014年から取り掛かり、1年で切り替えを完了する予定です。
この切り替えによる影響が大きいとみられているのが、店舗で使われるPOS(販売時点情報管理)やCAT(クレジットカード決済端末)、銀行のATMなど。また、企業間での受・発注や請求などの取引情報をやり取りするEDI(電子データ交換)システムもその影響をもろに受けることになります。

EDIに関していえば、固定電話網のIP化をすると従来のEDIに遅延が発生したり、全銀TCP/IP手順やJCA手順などが利用できなくなるなどの状況が想定されています。そのため、固定電話網IP化による影響がないインターネットEDIへの移行が必要です。
EDIの移行には時間と金がかかりますので、今すぐにでも自社のEDI環境や移行手順について調査を進めることをおススメします。

関連リンク
EDI - 一般社団法人情報サービス産業協会
広域IP網をベースとした「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」の制定について - 全国銀行協会
固定電話のIP網への移行後のサービス及び移行スケジュールについて | お知らせ・報道発表 | 企業情報 | NTT東日本
固定電話のIP網への移行後のサービス及び移行スケジュールについて|ニュースリリース|NTT西日本



  クリックして応援をお願いします!