Windows 10には仮想デスクトップ機能があるので、複数のウィンドウを開いて作業するのに便利です。ちょっとだけ残念なのは、デスクトップの切り替えが[Crtl] + [Win] + [←]または[→]というショートカットだということ。
仮想デスクトップをもう少し便利に使いたいので、マウスだけで仮想デスクトップを簡単に切り替えできるユーティリティ「VDSwitcher」をインストールします。

VDSwitcher

このユーティリティを使うと、マウスカーソルを画面端に持っていくだけで仮想デスクトップを移動することができます。

インストール方法は↓
  1. VDSwitcherの圧縮ファイルをダウンロードする。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍する。
    こんなファイルが展開されます。
    VDSwitcher110_2018-11-8_9-34-0_No-00

  3. 展開されたフォルダを、書き込み権限のある任意の場所に移動する。
  4. 仮想デスクトップを複数作成する。
  5. VDSwitcher.exeを起動する。
  6. Windows起動時に起動したいときは、VDSwitcher.exeのシートカットをスタートアップに登録する。

このセットアップを行うと、マウスカーソルを画面端に持っていったときに仮装デスクトップが切り替わり、画面中央に画面番号が表示されます。

20181108121838

20181108121900

ちなみに、この画面では表示フォントを「STOP」フォントにしてあります。標準ではないので、あしからず。
表示フォントや切り替えタイミングを変更したいときは、展開されたフォルダにある「Settings.exe」を起動してください。
2018-11-8_9-35-30_No-00

関連リンク
仮想デスクトップ切替えツール(VDSwitcher)サポートページ


  クリックして応援をお願いします!