20181115123017-s
出典:TeamViewer GmbH

リモートデスクトップアクセスソフト TeamViewer の最新版「TeamViewer 14」がリリースされました。このバージョンでは、低帯域幅でのパフォーマンスが向上されて接続品質が向上しています。

TeamViewerは、Windows、Mac OS X、Linuxなどのマルチプラットフォームに対応。オンラインサポートなどに活用できます。個人による非商用であれば無償で利用可能。商用で使用する場合はライセンスの購入が必要です。

また、TeamViewer 14では、拡張現実ソリューションの「TeamViewer Pilot」も追加されました。
オンサイトの従業員やクライアントが持つスマートフォンのカメラを共有し、その動画を遠隔地にあるTeam Viewerに送信。スマートフォンの画面に指示を表示させて操作を指示することができます。



当社でも目視検査支援機NeoviewのサポートにTeam Viewerを使っています。
とはいえ、遠隔操作でサポートできるお客様は限られているのが実情です。その理由は、製造ラインのセキュリティ。製造ラインに設置された設備はEthernetで繋がっていることが多いのですが、セキュリティの関係でInternetには繋がっていないことが多々あります。
IoT化が進み、今以上にTeam Viewerでのサポートができるようになればいいのですが。

関連リンク
TeamViewer – リモートサポート、リモートアクセス、サービスデスク、オンラインコラボレーション、ミーティング


  クリックして応援をお願いします!