20181207081858-s
出典:ソフトバンク

ソフトバンクは、2018年12月6日に発生した携帯電話ネットワークの大規模通信障害の原因を公表しました。
通信障害が発生したのは12月6日 13時39分。18時4分ごろまで、ソフトバンクおよび“ワイモバイルの4G(LTE) 携帯電話サービス、おうちのでんわ、SoftBank Airが影響を受け、利用しづらい事態となりました。ほかにも、ソフトバンク回線を借りている「LINEモバイル」などのMVNOサービスでも同様の障害が発生しました。それらを含めて影響を受けた台数は調査中です。

同社の発表によると、通信障害が発生したのは東京センターおよび大阪センターに配置してあるエリクソン製製パケット交換機 全台数。13時39分にパケット交換機でソフトウェア異常が発生しました。このソフトウエアは9カ月前から運用しているもので、これまでは異常が見られませんでした。
エリクソン製の通信設備を使用する海外 11カ国の通信事業者でも、ほぼ同時間にトラブルが発生したとのこと。同社は、ソフトウエアを旧バージョンに戻すことで復旧を行いました。

エリクソンによると、コアネットワーク内のSGSN-MME(Serving GPRS Support Node - Mobility Management Entity)に問題が生じたとしています。このノードおいて特定の2つのソフトウェアバージョンを利用している通信事業者で障害を引き起こしました。ソフトウェア証明書の認証期限切れが原因とのこと。

20181207081110-s
出典:エリクソン・ジャパン



今回の通信障害では、うちの家族もがっつり影響を受けました。その話によると、アンテナが点いたり消えたりしたり、圏外が表示されたままになるなど、不安定な状態になったそうです。

このような事態を受けて、東京消防庁はTwitterで「緊急時には固定電話や他社の携帯電話で通報を」と呼びかけました。また、auはTwitterで「困っているソフトバンクユーザにソフトバンクWi-Fiスポットを教えてあげて」と競合に対して助け船を出しました。
モバイル決済なども多大な影響を受け、スマートフォンに依存した生活環境が浮き彫りになったといえます。

ソフトバンクの新規上場を12月19日を控え、冷や水を浴びせられた通信障害。
そんな中、この画像が話題に…
bnr_ultragiga-monster-plus
出典:ソフトバンク

たしかに、事件現場は日本中のスマホでした。

関連リンク
2018年12月6日に発生した携帯電話サービスの通信障害に関するおわび | プレスリリース | ニュース | 企業情報 | ソフトバンク
ソフトバンクの障害情報に関するお知らせ : エリクソ・ジャパン


  クリックして応援をお願いします!