160713_tokkyocyou

特許庁は、知的財産創造物の保護の現状把握およびその在り方などに関する調査研究の報告書を公開しました。

平成30年度の研究テーマは
  1. 商標権取得による効果及び商標制度の活用に関する調査研究
  2. 中等教育段階における知財創造教育の推進に資する教材に関する調査研究
  3. 特許庁の審判等における営業秘密の保護に関する調査研究
  4. ベンチャー企業が適切に評価されるための知財支援の在り方に関する調査研究
  5. 小中高等学校において知財創造教育を実施できる人材の養成に必要なテキストに関する調査研究
  6. 大学の知的財産権制度活用の現状と研究者の知財意識に関する調査研究
  7. 農林水産分野における弁理士の役割等に関する調査研究
  8. 企業規模や産業分野ごとの知財活用を記載した経営デザインシートの在り方とその活用の促進に関する調査研究
  9. 宇宙分野における知財戦略の策定に向けた、研究機関や国の委託研究による発明の保護の在り方に関する調査研究
  10. 標準必須特許を巡る紛争の解決実態に関する調査研究
  11. ゲノム医療分野における知財戦略の策定に向けた知財の保護と利用の在り方に関する調査研究

公開情報や国内ヒアリングなどによる詳細な調査に基づく報告書です。
すべて無料で閲覧できますので、知財戦略にご活用ください。



関連リンク
特許庁産業財産権制度問題調査研究について | 経済産業省 特許庁
 
  クリックして応援をお願いします!