20190417084448
出典:Apple

Qualcommの所有する無線通信に関する特許でAppleとQualcommがもめていた件で、2019年4月16日(現地時間)、両社は全世界でのすべての訴訟を取り下げると発表しました。
この和解により、Appleは新たな支払い条件でQualcommに特許使用料の支払いことで合意。また、Qualcommによるチップセット供給を受ける契約を締結しました。

このタイミングで両社が和解に合意した背景には、Appleが第5世代移動通信システム(5G)に早期対応するにはQualcommの5Gチップセットが不可欠だからでしょう。5Gのチップセット開発で先行するQualcommとの争いが長引けば、他社チップセットの採用または自社開発が必要になり、5G対応のiPhone投入が後手に回ることになります。
5Gを巡る米中の覇権争いも両社の関係に影響を与えたといえるでしょう。



関連リンク
Qualcomm and Apple agree to drop all litigation - Apple
Qualcomm and Apple Agree to Drop All Litigation | Qualcomm


  クリックして応援をお願いします!