LL_img_183023_1
出典:ZETAアライアンス

ZETAアライアンスは、LPWA通信規格「ZETA」を活用したIoT実証実験を2019年5月中旬より武蔵小杉駅、新丸子駅、元住吉駅等において行います。

このIoT実証実験には、東京急行電鉄が協力。駅構内および線路沿線の構築物や施設・設備の安全性向上並びにメンテナンス性向上を目的として、武蔵小杉駅、新丸子駅、元住吉駅などで2019年5月中旬から実験が開始されます。

  1. 期間
    2019年5月中旬~2019年8月末日(予定)

  2. センサー設置箇所
    東急東横線・目黒線
    武蔵小杉駅、新丸子駅、元住吉駅ホーム、コンコース、武蔵小杉1号踏切など

  3. 実験概要
    武蔵小杉駅に基地局を設置し、武蔵小杉駅のほか各駅に設置したセンサーから基地局への無線通信、センサー等の性能の確認

ZETAはZiFiSense社が開発したIoTに適したLPWA通信規格で、超狭帯域による多チャンネルでの通信、マルチホップ・メッシュネットワークによる分散アクセス、低消費電力による双方向通信などを実現。他のLPWA同様に2~10kmの無線通信が可能なうえ、中継器を利用したマルチホップ機能により最大4倍程度の距離での通信が可能です。
また、中継機やセンサーは低消費電力稼働のため、電池駆動が可能となり、配線不要となります。電池寿命は通信頻度に依存しますが約5~10年使用できます。



関連リンク
Zeta Alliance


  クリックして応援をお願いします!