20190522091426-s
出典:Sennheiser

2005年に電波法関連法令である無線設備規制において、無線設備のスプリアル発射(必要周波数帯の外側に発射される不要な電波)の強度の許容値が改正されました。
旧規格で製造されたワイヤレスマイクロホンなどの特定小電力無線機器については、2022年11月30日の猶予期限をもってが使用できなくなります。

201810_01
出典:SONY

旧規格の特定小電力無線機器を使用期限を超えて使用した場合、電波法違反になり、罰則・罰金(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の対象になります。使用期限を過ぎた場合、所持しているだけで電波法違反となる場合がありますのでご注意ください。

20190522091950-s
出典:Sennheiser

関連リンク
総務省 電波利用ホームページ|免許関係|無線設備のスプリアス発射の強度の許容値



  クリックして応援をお願いします!