1
出典:ローソン

ローソンは、商品をバックヤードから商品棚への陳列業務を行う遠隔操作型のヒューマノイドロボットを導入した店舗「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」を2020年9月にオープンします。

このロボットは、Telexistence(テレイグジスタンス)が開発したもので、ロボットによる店舗業務の省力化と品出し精度の検証のため、同社の子会社が直接加盟店オーナーとして店舗を運営いたします。
導入後一定期間は人間による遠隔操作で品出しを行い、最終的には自律的にロボットを制御することに移行。その後、店内すべての商品の品出しも目指しています。また、品出し業務の他、ロボットによるフライドフーズの作成・陳列も検討していきます。

ファミリーマートと同様に、今夏を目処に都内のファミリーマート店舗において、商品陳列業務などを行うロボットなどを導入。様々な検証を行いながら、2022年までには、最大20店舗への導入を目指します。


関連リンク
ロボットが商品を陳列する店舗がオープン|ローソン公式サイト
Telexistence、ファミリーマートと ロボットの遠隔操作技術を活用した店舗運営システム構築 に向け協業|ニュースリリース|ファミリーマート


  クリックして応援をお願いします!