200730_103658
出典:熊本県教育庁

やじうまWatchによると、熊本県教育庁が水害で濡れた写真の応急処置を紹介しているそうです。

令和2年7月に発生した水害で写真やアルバムが水没した方が多いでしょう。
くっついたまま乾いてしまっている写真を無理して剥がそうとすると、修復できなくなる恐れがあります。水温20~30℃の真水で洗うことが重要だそうです。
まずは、熊本県教育庁の公開している資料をご覧ください!

水害にあって厳しい日々が続く中、心の支えになる昔懐かしい写真が1枚でも多く救済されることを祈ります。


関連リンク
水害で濡れた写真の応急処置についてのご紹介 / 熊本県


  クリックして応援をお願いします!