newspaper_w320xh213

読売新聞の記事。
「第4次産業革命は、製造業をサービス業に変える」がキーワードでした。
IoTを活用することで、製造工程で得られる膨大な情報が新たな商売の「ネタ」になるとしています。

目視検査支援機Neoviewも、検査工程に存在する膨大な情報に着目して開発された製品です。
目視検査の工程には品質に関するさまざまな情報がありますが、顕微鏡や拡大鏡では記録を残しにくいため、その膨大な情報を活用するのが困難でした。
Neoviewでは、それらの情報を自動で記録。目視検査工程を見える化します。さらに、品質管理ソフトウェア QC-Aidで統計管理も可能です。

詳細をお知りになりたい方は、お問い合わせにアクセスしてください。
neoview


  クリックして応援をお願いします!