以前、「フランク三浦」という商標に関する裁判の記事を書きました。
その裁判の流れは

フランク・ミュラー : 「語感が極めて似ている」「信用や顧客吸引力への『ただ乗り』目的だ」と主張し裁判を起こす。
   Arrow_0213
特許庁 : フランク・ミュラーの申立てを認め、「フランク三浦」の商標登録を取り消し
   Arrow_0213
フランク三浦 : 判決を不服とし、裁判を起こす。
   Arrow_0213
知財高裁 : 特許庁の判断を取り消し。「イメージや外見が大きく違う」として、「フランク三浦」の商標を正式に認める判決。

BLOGOSの記事、この「フランク三浦」を手がけるディンクスの社長へのインタビューがほんとにスゴイ。
前述の裁判とは関係なく、いろんな面で考えさせられます。



関連記事
フランク三浦?が勝訴 フランク・ミュラーの主張認めず
 
  クリックして応援をお願いします!