0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 衛生管理者

局所排気装置の月次点検、いつも月末にしています。チェックする項目は
  • 破損、変形、腐食
  • 吸込気流
  • 粉塵の蓄積
破損などの外観は目視でチェック。吸込気流は風量計を使って測ります。
160728_testo_405-V1

電源を入れて、風量計の先端カバーを開きます。


局所排気装置のフード形状に合わせてチェックします。
衛生管理者試験に出ますので、フードの形式と併せて制御風速も覚えましょう。

有機則に定められた制御風速(有機則第16条①)
フードの形式(吸引方向)制御風速(m/s)
囲い式
外付け式(下方吸引型)
外付け式(側方吸引型)
外付け式(上方吸引型)
0.4
0.5
0.5
1.0


  クリックして応援をお願いします!

ストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査・分析などを行い、職場環境の改善につなげる取り組みです。
実施をお考えの従業員数50人未満の事業場に朗報です。
医師・保健師などによるストレスチェックを実施または面接指導した場合に助成を受けることができる制度があります。

160714_stresscheck

興味のある方は、関連リンクをクリック!
ちなみに、当社はこの助成は受けられません…

関連リンク
「ストレスチェック」実施促進のための助成金のご案内(リーフレット)
ストレスチェックの実施及び体制の整備に対する助成金支給要領
ストレスチェック制度について(厚生労働省ホームページ)

 
  クリックして応援をお願いします!

暑い日が続くこの時期、注意したいのが「熱中症
大塚製薬が熱中症を示した良い資料を出てました。それが
160715_neccyuu
出典:大塚製薬

近年、熱中症が増えているせいか、衛生管理者試験でもかなりの頻度で出題されています。 

熱中症とは、暑熱環境下において身体適応の障害によっておこる状態の総称です。
主な症状としては、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、異常な体温上昇、異常な発汗などがあります。
重症になると致死率は30%に至るという統計もあり、死亡しなくても脳機能障害などの後遺症が残ることもあります。
熱中症はの4つに分類されます。これ、衛生管理者試験に出ますよ!
  • 熱けいれん (I度:軽症)
    大量に汗をかいたときに水だけを補給すると、血液中のナトリウム(塩分)濃度が低下して起こります。その名のとおり、手足や腹筋などに痛みを伴ったけいれんが起こります。
  • 熱失神 (I度:軽症)
    暑くなって体温が上昇すると、皮膚表面の血管が拡張して血圧が低下。その結果、脳への血流が減少して起こります。
  • 熱疲労 (II度:中等症)
    大量に汗をかいたため水分の補給が追いつかないと、体が脱水症状を起こしてだるくなり、集中力が低下します。ひどいときには、めまい、吐き気、嘔吐、頭痛などの症状が起こることもあります。
  • 熱射病 (III度:重症)
    体から水分が一定以上失われると、汗をかいて体温を下げられず、意識障害を起こします。
    体温の上昇によって中枢機能に異常をきたした状態です。反応が鈍い、意識がない、などの意識障害がみられたり、ショック状態になる場合もあります。
血液にはほぼ0.9%のナトリウムが含まれており、ナトリウムは筋肉を動かす神経伝達物質として機能します。大量に汗をかいてナトリウムが失われたとき、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まってしまいます。
これが熱中症の引き金。この状態を示しているのが、最初に紹介した大塚製薬の資料なのです。

熱中症を予防するために、水分と適量の塩分をこまめに補給しましょう。
おススメなのは、所ジョージさんがCMに出演しているOS-1

160715_os1


  クリックして応援をお願いします!

7月20日(水)~17日(金)に開催される展示会の招待状が届きました。
この展示会、大きく分けて2つの展示会が同時開催されるそうです。

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2016
13651954_1734766740145785_144161354_n 
  • プラントメンテナンスショー
  • インフラ検査・維持管理展
  • 建設資材展
  • 事前防災・減災対策推進展
  • 労働安全衛生展
  • 防犯・セキュリティ対策展

生産と設備TOKYO 2016
13627997_1560196554285352_1433620284_n
  • 生産システム見える化展
  • 管材・電気設備技術展
  • 3Dプリンタの未来(集中展示)

とっちらかった感がありますが、労働安全衛生展は気になります。
生産システム見える化展では、IoTを活用した製造管理などのセミナーもあるようです。3Dプリンタの未来、という集中展示もおもしろそう。

興味のある方はで事前登録してください。
btn-sub-visitor_on


  クリックして応援をお願いします!

160613_isiwata
出典:西日本新聞

熊本地震で被災した建物の解体作業において発がん性のあるアスベストが飛散するおそれがあるとして、環境省は被災地でのアスベスト調査を行うことを決めました。
これまで熊本県や熊本市による調査は行われており、さらに環境省も被災地で倒壊した建物などの周辺で今月中にもアスベストの濃度測定を行うそうです。
環境省は、調査結果がまとまりしだい公表することにしており、解体作業にかかわる作業員や周辺の住民に注意を呼びかけています。

アスベストは、天然の鉱石が繊維状に変形した鉱物です。別名、石綿ともいいます。
160412_asbestos_04
出典:Wikipedia

耐久性、耐熱性、電気絶縁性などに非常に優れ、安価であるため、建築材料、断熱材などに使われてきました。
160412_asbestos_01
出典:東京労働安全衛生センター

しかし、長期間にわたってアスベストの粉じんを吸い込むと、肺がんや中皮腫の誘因となることが指摘されるようになり、現在はその使用と製造が禁止されています。
一度吸い込んでしまったアスベストを体外に排出する方法はありません。しかも、アスベストが原因で発症する場合、吸入して数十年たってから発症するのです。
第一種衛生管理者試験の問題でも「記録を40年保存しなければならない」と書かれているほど。そのため、「静かな時限爆弾」と呼ばれるそうです。

地震の被災地でのアスベスト飛散に関しては、阪神・淡路大震災や東日本大震災でも複数の解体現場で基準を超える濃度のアスベストが確認されてました。震災から10年以上経過してから中皮腫を発症した作業員もおり、労災認定を受けています。

解体作業にかかわる作業員や周辺の住民の方々にアスベストによる健康被害が出ないよう、早急な対策な望まれます。
 
 



  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ