0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 衛生管理者

2017年09月08日12時51分14秒

茨城労働基準協会連合会から9月中旬~10月の講習会の案内が届きました。
茨城県での平成29年度出張特別試験も終わり、試験結果に不安の残る方もいるでしょう。
合格していれば、第一種衛生管理者としての業務が待っています。不合格なら、早いうちに勉強のし直しを。

第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。



  クリックして応援をお願いします!


明電舎は、富士通が提供するIoTソリューションを活用して労働災害対策を強化しました。
この対策では、IoTで作業者を見守り安全な作業環境を実現する「安全管理支援ソリューション」を導入。作業者が装着した「バイタルセンシングバンド」で、温湿度が高い作業現場での熱ストレスレベルや身体負荷レベルを推定します。

衛生管理者試験には熱中症に関する問題も出題されます。


熱中症及び高温対策に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
    1. 高温環境の評価には、湿球黒球温度指数(WBGT)が用いられる。
    2. 熱中症とは、高温環境への適応ができず、あるいは許容の限界を超えた場合に発症する障害の総称である。
    3. 熱射病は、高温環境下での体温調節中枢の変調によるもので、発汗が停止し体温が上昇し、意識障害や呼吸困難などの症状がみられる。
    4. 熱虚脱では、皮膚の血管が拡張して、循環血液が減少し、めまいや血圧低下などの症状がみられる。
    5. 熱痙攣は、多量の発汗により失われた水分の補給が不十分なために生じ、血液中の塩分濃度の上昇、発熱、筋肉痙攣などの症状がみられる。
            ↓ の行を選択すると答えを見ることができます。
            答:5



            第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
            ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。



              クリックして応援をお願いします!


            未来を感じるテクノロジーやプロダクトを紹介するbouncyが、自動で心肺蘇生措置を行うことができる救命器具「AutoPulse」を紹介しています。
            患者の胸囲に合わせて自動で伸縮し、自動で心臓マッサージを行うというものです。患者をストレッチャーなどで移動させる間も心臓マッサージが続けられるというメリットは大きいですね。

            なんらかの事故などで人の命が危険な状態となったとき、一次救命処置はとても重要な役割を持っています。適切な一次救命処置ができるかできないかで、心停止となった人の生存率は大きく変わるのです。

            衛生管理者には、のような一時救命処置に関する知識が必要です。
            • 後頭部を下げて顎を上げ、気道を確保する
            • 心肺蘇生は、人工呼吸2回→胸骨圧迫30回をくり返す
            • 胸骨圧迫は、胸が4~5cm程度沈む強さで胸骨の下半分を圧迫。テンポは1分間に100回
            • 自動体外式除細動器(AED)を使用して電気ショック不要と判断されたときは、音声メッセージに従って心肺蘇生を続ける

            第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
            ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。



              クリックして応援をお願いします!

            今日 9月3日(日)、平成29年度の茨城県での出張特別試験が実施されます。
            出張-001

            そろそろ試験開始時間です。
            みなさん、がんばってください! って、この記事を見たときには試験が終わってますね。

            お疲れ様でした!


              クリックして応援をお願いします!

            救急_free_01

            9月9日は「救急の日」です。また、救急の日を含む1週間を「救急医療週間」とし、救急医療の普及や啓発活動を全国的に実施することとしています。今年の救急医療週間は、9月3日(日)~9月9日(土)です。

            救急車が到着する前に応急手当をすれば、病気やけがの悪化を防ぐことができます。
            とくに、心臓や呼吸が止まるなどの緊急を要する場合、その場に居合わせた人による迅速な119番通報と適切な応急手当、救命隊による救命処置と搬送、医療機関における救命医療の連携がスムーズに行われることが必要です。
            いざという時のために、正しい応急手当の知識を身につけておきましょう。また、一刻を争う重症患者を救うため、救急車や救急医療機関の適切な利用を心がけましょう。




              クリックして応援をお願いします!

            ↑このページのトップヘ