0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 衛生管理者

1syu_eisei
衛生管理者とは、健康的で安全な職場環境を作る専門家として企業にとって重要な存在です。
常時50人以上の従業員を使用している事業所では、衛生管理者免許取得者や医師などの免許・資格を有する者から衛生管理者を選任することが義務付けられています。
衛生管理者免許には、業務の範囲が広い順に以下の3種類があります。
  1. 衛生工学衛生管理者
  2. 第一種衛生管理者
  3. 第二種衛生管理者
私が取得したのは、第一種衛生管理者免許です。
1eisei_menkyo
衛生管理者免許の種類によって、対応できる業種が変わります。
第一種はすべての業務に対応できる免許です。それに対して、第二種は商業やサービス業に限定されるもので、製造業など一定の業種には対応できません。
当社は製造業ですので、第一種の免許を取得しました。

おススメの問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊。


  クリックして応援をお願いします!

1syu_eisei

以前に書いた第一種衛生管理者試験について興味を持っている方がけっこういるようです。

平成27年10月に免許を取って、もう半年。一発合格に向けて必死で覚えた知識を忘れるのが惜しいので、復習のつもりで衛生管理者ネタもBlogに書いていきます。

 をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!


読売新聞の記事によると、民間の建物で行う石綿(いしわた)の使用調査について、建物所有者に対する国の補助が来年度で打ち切られる見通しとなったそうです。また、除去工事への補助も2020年度で打ち切られるとのこと。
石綿には発がん性があるため、石綿が使用された可能性のある建築物が無調査で解体されると、周辺住民への被害が出るおそれがあります。

と、ニュースはここまで。
このニュース、すごく心配です。
石綿による健康障害に関しては、第一種衛生管理者試験によく出ています。
たとえば↓

 「粉じんによる健康障害に関して、石綿粉じんは、肺がんや中皮腫を起こすおそれがある。」

なんて選択肢があります。もちろん、これは正しい記述です。
160412_asbestos_04
出典:Wikipedia
石綿は、天然の鉱石が繊維状に変形した鉱物の総称。アスベストという呼び名のほうが有名でしょう。
耐久性、耐熱性、電気絶縁性などに非常に優れ、安価であるため、建築材料、断熱材などに使われてきました。
160412_asbestos_01
出典:東京労働安全衛生センター
しかし、長期間にわたって石綿の粉じんを吸い込むと、肺がんや中皮腫の誘因となることが指摘されるようになり、現在はその使用と製造が禁止されています。
参考までに肺がんと中皮腫の説明は↓
  • 肺がん
    肺の内部にできる悪性腫瘍。呼吸障害、咳(せき)、血の混じった痰(たん)、胸の痛みなどが生じる。
  • 中皮腫
    肺の表面を覆っている胸膜などにできる悪性腫瘍。呼吸困難などが生じる。
一度吸い込んでしまった石綿を体外に排出する方法はありません。しかも、石綿が原因で発症する場合、吸入して数十年たってから発症するのです。第一種衛生管理者試験の問題でも「記録を40年保存しなければならない」と書かれているほど。そのため、「静かな時限爆弾」と呼ばれるそうです。

今後、東京オリンピック開催に向けて古い建築物の解体工事も増えるでしょう。
子供たちの世代に石綿による健康障害が出ないよう、しっかりした対策が望まれます。




 をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!

プリンストン大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究者によると、PCに打ち込む学生より手書きでノートを取る学生の方が成績が良いことが判明しました。手で書く学生の方が飲み込が良く、情報を長く記憶し、新しいアイデアを理解するのにもたけているという結果だそうです。

勉強には手書きが良いというのは、第一種衛生管理者の勉強をしたときに実感しました。
試験に一発合格するため、5年分の過去問を何度も何度もノートに書き続ける日が続きます。最初は訳も分からず書いていた内容も、くり返して書いていると少しずつ理解できるようになりました。ノートが6冊くらい埋まるころ、やっと合格の可能性が見えた気がします。

PCやスマホを使ったのは、手書きの勉強の補助くらい。手書きをしていなかったら、第一種衛生管理者の試験に合格できなかったでしょう。

参考までに、衛生管理者とは、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする者のことです。労働安全衛生法において、一定規模以上の事業場については、衛生管理者免許などの資格を有する者からの選任が義務付けられています。


 をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ