特許・商標 : 0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 特許・商標

fopiser-overview
出典:特許庁

特許庁は、外国特許情報サービス「FOPISER(フォピサー)」に、中国審決の一部の和訳文(人手和訳文)を追加したと発表しました。

中国審決の和訳文は、中国の特許または実用新案に係る復審(日本における査定不服審判)および無効審判を対象としています。FOPISERのサービスメニューにある「審決番号索引照会(中国審決)」から、中国審決和訳文の検索・照会機能を利用できます。
これにより、進歩性(専利法22条3款;創造性)に関する中国審決を検索し、進歩性の判断傾向を把握するなど、中国における審判の判断傾向の分析などに利用できます。




関連リンク
外国特許情報サービス「FOPISER(フォピサー)」収録内容追加のお知らせ(中国審決和訳文) | 経済産業省 特許庁


  クリックして応援をお願いします!

ファーストリテイリングが展開するユニクロに対してアスタリスクが特許権侵害行為差止仮処分命令申立を行った件に関して、DIAMOND OnlineはGUでも同型のレジを全国に設置し始めたことを記事にしています。
特許訴訟の決着はまだついていない状態でレジを全国展開するファーストリテイリングの戦略などが詳細に示されています。



資金力を活かし、アスタリスクを兵糧攻めにする戦法のようです。企業に知財戦略に興味のある方は、ぜひアクセスしてください。



特許情報プラットフォームで検索したところ、たしかにユニクロのセルフレジのような形状が図に示されています。

20191001112841
出典:特許情報プラットフォーム



関連リンク
ニュースリリース&お知らせ|株式会社アスタリスク
ユニクロ・セルフレジ特許訴訟「泥沼化」の内情、今度はGUも提訴へ | Close-Up Enterprise | ダイヤモンド・オンライン


  クリックして応援をお願いします!

200617_110220-s
出典:特許庁

特許庁は、知財人材の育成と知財マインドの向上を目的として無償提供している知財の教材・参考書を更新しました。

同庁のWebサイトには、小学校低学年から企業の経営幹部まで、幅広い対象者に合わせた教材が用意されています。発明などの知的財産や特許などの知的財産権についてマンガ・クイズなどで学ぶことができる教材もありますので、ぜひご活用ください。




関連リンク
知財の教材・参考書


  クリックして応援をお願いします!

20200618102151 (1)

「Neoview」の商標に関して、WIPOからの保護認容証明(Statement of Grant of Protection)が発行されたそうです。中国で「Neoview」の商標が登録になったわけです。

中国で営業をした際、目視検査支援機Neoviewの納品実績がないお客様に「すでにNeoviewを持っている」とか「うちはNeoview工程(目視検査工程)を実施している」など、知財に係る問題に直面しました。
どうやら、自動外観検査機(AOI)後に行う目視検査のことを「Neoview」と呼ぶという誤った認識があるようです。また、コピー製品を「Neoview」だと偽って販売している現地メーカーもあるようです。

すでに取得済みの中国での特許と今回の商標によって、「当社製品こそ、Neoviewだ!」と胸を張ってPRすることができます。




  クリックして応援をお願いします!

目視検査支援機Neoview マルチコントロール機能の特許に関する年金納付の資料が届きました。
特許を取得すると、特許を維持するためのお金がかかります。このお金のことを年金といいます。
20200612165805 (1)-s

これでマルチコントロール機能の特許は維持されました。
マルチコントロール機能を使うと、複数台のインライン機の目視検査を1台の端末で行うことができます。つまり、目視検査にかかる人件費を大幅削減できるのです。
remote_line
競合他社もマルチコントロール機能と称するものを販売しているようですが、この特許が示すようにNeoview独自の技術です。

費用はかかりますが、知的財産というとおり、特許は企業の財産です。特許を活用し、さらに目視検査の分野でビジネスを進めます。




  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ