0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 特許・商標

171112_台湾・中国

ジェトロ茨城では、台湾・中国との取引や技術連携における知的財産戦略セミナーを開催します。
このセミナーは、ジェトロ茨城とつくば研究支援センターが実施する、つくばと台湾の経済連携事業、地域間交流支援(RIT)事業 第3回国内研究会を兼ねて開催し、今年度の活動報告と今後の活動計画の紹介も行われます。
日時

2017年1月27日(金曜)15時00分~17時30分(14時30分受付開始)

場所つくば研究支援センター 外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます 研修室B(つくば市千現2-1-6)
内容
15:00~15:05
開会挨拶
15:05~16:35
「技術取引・共同開発・委託開発・ライセンス契約・委託生産における知財戦略ついて -台湾、中国を中心に-」(特許庁受託委託事業)

講師:ジェトロ知的財産課 知的財産アドバイザー 森 詩郎

16:35~17:05
質疑応答
17:05~17:35
海外知的財産訴訟費用保険のご紹介(特許庁)
17:40~17:50
RIT事業の活動報告、今後の活動計画(つくば研究支援センター)
17:50~18:00
ジェトロからのお知らせ
主催・共催【主催】ジェトロ茨城、株式会社つくば研究支援センター、【共催】茨城県、つくば市、常陽銀行
後援茨城県中小企業振興公社、いばらき海外進出サポート協議会
参加費無料
定員50名(先着順)※定員に達した場合のみご連絡します


  クリックして応援をお願いします!

グローバル知財戦略フォーラム2017

特許庁は、「超スマート社会を見据えたビジネス・知財戦略及び地方創生の新展開」をコンセプトに、グローバル知財戦略フォーラム2017を開催します。
IoT、ビッグデータ、人工知能などを駆使した第4次産業革命時代に向けての知財戦略やその支援を論点とする講演・パネルディスカッションを行います。また、グローバル知財マネジメント人材育成に関するワークショップや知的財産に関する無料相談会も行います。 
  • 日時
    2017年2月13日(月) 10:00 ~ 17:55
    2017年2月14日(火) 10:00 ~ 16:00
  • 会場
    東京ドームホテル(東京都文京区後楽1-3-61)
  • 定員
    1,000名程度
  • 参加費
    無料(交流会のみ参加費3,000円)
  • 主催
    特許庁、独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)
  • 申込方法
    以下の特設ホームページからお申込みください。
    http://www.ip-forum2017.com/
定員になり次第、申込は終了します。興味のある方はお早めに申し込んでください。


  クリックして応援をお願いします!

161225_大江戸温泉

中国・上海の宝山区に温泉施設「大江戸温泉物語」がオープンしました。
中国でも人気のある「くまモン」のぬいぐるみが並び、現地の方でにぎわっているそうです。

とはいっても、「東京お台場 大江戸温泉物語」などを運営する「大江戸温泉物語」が出したチェーン店ではありません。この施設に関して双方の言い分は
  • 上海側 : 名称使用権などを正式に契約した。
  • 日本側 : 一切関係ない。
つまり、日本で有名な大江戸温泉物語の商標を無断使用した可能性があります。
今後、トラブルはさらに発展するでしょう。今後の双方の対応に要注目です。

  クリックして応援をお願いします!

161221_ベビースター

ベビースターラーメンの3代目となる新キャラクターが発表されました。
それに伴い、おやつカンパニーでは、新キャラクターのネーミングキャンペーンを開始しました。

2代目のキャラクター「ベイちゃん」が海外旅行中に知り合った、歌やダンスが好きな男の子という設定。ベイちゃんよりも活発な性格だそうです。

「ベビースターラーメン」は非常に強いブランドなので、キャラクター変更はスムーズに進みそうです。



関連リンク
おやつカンパニー :  新キャラクターネーミングキャンペーン


  クリックして応援をお願いします!


以前、「フランク三浦」という商標に関する裁判の記事を書きました。
その裁判の流れは

フランク・ミュラー : 「語感が極めて似ている」「信用や顧客吸引力への『ただ乗り』目的だ」と主張し裁判を起こす。
   Arrow_0213
特許庁 : フランク・ミュラーの申立てを認め、「フランク三浦」の商標登録を取り消し
   Arrow_0213
フランク三浦 : 判決を不服とし、裁判を起こす。
   Arrow_0213
知財高裁 : 特許庁の判断を取り消し。「イメージや外見が大きく違う」として、「フランク三浦」の商標を正式に認める判決。

BLOGOSの記事、この「フランク三浦」を手がけるディンクスの社長へのインタビューがほんとにスゴイ。
前述の裁判とは関係なく、いろんな面で考えさせられます。



関連記事
フランク三浦?が勝訴 フランク・ミュラーの主張認めず
 
  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ