0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 特許・商標

160531_china
「模倣品」「海賊版」というと、中国をイメージする方もいるでしょう。
NHKによると、中国では著作権などの知的財産を新たにビジネスに利用しようという動きも出始めているそうです。
中国政府は、付加価値の高い商品作りが経済成長のカギととらえ、知的財産の活用や取り締まりを強化しています。また、横行する模倣品や海賊版などに対する国内外からの批判も後押ししているとのこと。
具体的には、外国アニメの権利獲得や人気キャラクターを使ったゲーム作りなど、知的財産ビジネスが中国で広がり始めています。

以前の記事で書きましたが、 知的財産権訴訟で有名な「しんちゃん」事件。
同様の事件がなくなることを期待しましょう。

  クリックして応援をお願いします!

目視検査支援機Neoviewの中国特許、第14年度分の年金納付が完了しました。

160523_china_nenkin01 160523_china_nenkin03

中国特許の年金はトータルで6,848人民元。送金手数料なども含めて12,6000円でした。

請求書を確認して振り込み手続きをします。
 


  クリックして応援をお願いします!

インライン型Neoviewで好評のマルチコントロール機能、特許の年金を納付した件で特許事務所から手紙が届きました。
特許庁から年金領収書が届いたそうです。
160523_nenkin01 160523_nenkin02

今回は特許料の軽減申請をしたので、第5年分の年金納付金額は5,450円で済みました。
最近、マルチコントロール機能を使いたいというお客様が多く、インライン機の引き合いが増えています。
この機能を使うと、目視検査にかかる人件費を大幅削減できるのです。

競合他社もマルチコントロール機能と称するものを販売しているようですが、この特許が示すようにNeoview独自の技術です。


  クリックして応援をお願いします!

160422_Tokyo_High_Court_Building_2

霞ヶ関の東京地方裁判所の地下1階には、食堂、コンビニ、書店、郵便局などがあります。
さすが、裁判所の中! 書店はものすごく法律書が充実してます。

期日が午後からのときは、早めに行って地下1階の食堂で食事をするのがしていました。
ここの食堂、昼時はいつも裁判所職員やバッジを付けた法曹関係者の人たちでいっぱいです。11時40分ごろから多くの職員が食べに来るので、それより早めにいかないと昼ご飯にありつけないこともあります。
裁判所の中ということで写真を撮らなかったので、食べログの画像でご紹介します。
食堂の中の雰囲気は 社食のような感じですね。
160517_syokudou2
出典:食べログ
メニューは、日替わり定食をはじめ、カレーライスなどの定番メニュー、そのほかに小鉢などもあります。おそらく、外で食べるより価格は安いでしょう。人気なのも納得。
160517_syokudou
出典:食べログ

いつも食べてたのは さっと食べられるものばかりですね。味は…普通
160517_curry160517_soba
出典:食べログ

  クリックして応援をお願いします!

160422_Tokyo_High_Court_Building

ニュースで写っていた東京地方裁判所を見て、特許侵害訴訟を思い出しました。
数年前、目視検査支援機Neoviewの特許侵害訴訟で、東京地方裁判所に通っていた時期があります。

日立市を6:30ごろに出発し、霞が関駅まで2時間半ちょい。駅に着いたらA1出口を目指します。駅を出てから建物に入るまでは、徒歩1分。弁護士さん、弁理士さんとは現地集合です。

東京地裁の入口は、バッジを付けた法曹関係者と一般人とで分かれています。一般人は荷物検査をして金属探知機ゲートをくぐらなければならなりません。こんな感じ
160517_tanchiki
スマホや財布をトレイに載せ、カバンとともに手荷物用X線へ。金属探知機ゲートをくぐるだけなのに、変な緊張感が漂います。

ロビーに入ってまわりを見渡すと、なにやら訳ありな人たちが… 壁際のソファーで待っているときも、いろんな話が聞こえてきます。そんな話、ここでしてていいの? ということも。
また、その他にいるのは、傍聴に来ている人。そういう人たちは、受付の横にある開廷表を見ていることが多いです。開廷表とは、その日に行われる事件の事件名、被告人名、法廷の番号などが書かれたもの。誰でも勝手に見てよいのです。おもしろそうな事件を探してるんでしょうね。
早く着きすぎたときは時間つぶしにけっこう見てました。

そうこうしているうちに弁護士さんと弁理士さんが到着。
事前に指定された書記官室に移動します。
何度も東京地裁に行ってますが、そのほとんどが書記官室の会議室で打合せする感じでした。被告側とは裁判所経由で書面のやり取りを事前にしているので、話すことは次回の期日を決めることくらい。だいたい1か月後にまた来ることになります。

  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ