0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 特許・商標

Qualcomm
出典:Qualcomm

2017年7月6日(米国時間)、半導体大手のQualcommは、AppleのiPhoneが同社の特許を侵害しているとして、iPhoneおよびその他の製品の米国への輸入を禁止する制限排除命令を発行するよう、米国国際貿易委員(ITC)会に申し立てをしました。
また、ITCに提出された同訴で同じ6件の特許を侵害していると主張して、カリフォルニア州南部地方裁判所においてAppleに訴状を提出しました。訴状は、損害賠償と差止め救済を求めています。
ロイター通信によると、Qualcommが特許侵害としているのは、iPhoneに搭載されたIntel製の半導体部品とのこと。

AppleとQualcommの訴訟合戦、泥仕合の様相です。また、少し前にはNOKIAやSamsungなどとの訴訟もタイムラインを賑わせていました。
まぁ、それだけiPhoneが市場で大きな存在だということの証でしょう。



関連リンク
Qualcomm Files Patent Infringement Complaints Against Apple with International Trade Commission and Federal Court


  クリックして応援をお願いします!

目視検査支援機Neoviewの韓国特許、第13年度分の年金納付が完了しました。

2017年07月03日08時46分10秒
2017年07月03日08時46分31秒2017年07月03日08時46分35秒

ここでいう年金は、特許を維持するための費用です。今回は第13年度の年金納付となります。
韓国特許の年金はトータルでUS$557.00。国内の特許事務所の費用も含めて75,000円でした。
請求書を確認して振り込み手続きをします。

特許取得をめざす技術者におススメの本は  誰もが知っておきたい実践的テクニックを学べる一冊です。



  クリックして応援をお願いします!

【ふくしまプライド。】ふくしまの誇りが詰まった農林水産物
出典:ふくしまプライド。

福島県は、「ふくしまプライド。」を商標登録しました。
「ふくしまプライド。」は、東京電力福島第1原発事故から立ち上がり、農業の新たな可能性に挑戦する県内の農業者を応援し、県産の農産物を全国にPRすることを目的としたメッセージ。「DASH村」の企画で福島県と縁のあるTOKIOが、無償でCM出演したことで話題となりました。



関連記事
福島の食のファンクラブ「チームふくしまプライド。」が発足。メンバー登録をすると…

関連リンク
ふくしまプライド。 公式サイト
Facebook チームふくしまプライド。


  クリックして応援をお願いします!

トマトジュース_free_

トマトジュースの製法を巡って、カゴメが伊藤園の特許無効の確認を求めた訴訟の判決で、知財高裁はカゴメの主張を認め、伊藤園の特許を有効とした特許庁の審決を取り消す判決を言い渡しました。

問題になった特許とは、「濃厚な味わい」や「フルーツトマトのような甘み」を実現する製法。2013年に伊藤園が特許登録しています。
この特許に基づいて、伊藤園がカゴメの一部商品に同製法が使われていると指摘しました。それに対し、カゴメは「製法の定義があいまい」だとして特許の無効を主張して特許庁に審判を請求しましたが、審決で退けられて提訴していました。
判決では、特許で示されている製法が「濃厚な味わい」などを裏付けているとはいえないと指摘。特許は無効であると判断されました。

特許情報プラットフォーム J-PlatPatで伊藤園の特許を調べたところ、トマトジュースだけでもかなり多くの特許が出願されています。
それらしい出願を読んでみたところ、トマトジュースの味を落とす成分を除去するなどの記述がありました。一般的なハードウェアなどの特許にくらべて、飲料の製法に関する特許では特許侵害の証明が難しそうです。

特許・実用新案テキスト検索
出典:特許情報プラットフォーム

特許取得をめざす技術者におススメの本は  誰もが知っておきたい実践的テクニックを学べる一冊です。



  クリックして応援をお願いします!

目視検査支援機Neoviewの韓国特許について、年金納付の問い合わせがありました。

2017年05月31日16時42分46秒2017年05月31日16時42分49秒

ここでいう年金は、特許を維持するための費用です。今回は第13年度の年金納付となります。
韓国側での費用と国内の費用を合わせて、概算で80,000円。
権利継続の手続きをします。

特許取得をめざす技術者におススメの本は  誰もが知っておきたい実践的テクニックを学べる一冊です。



  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ