0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 特許・商標

以前の記事のとおり、商品名が「Neoview」に決まりました。
それでは、さっそく商品名を使ってPRを!

おっと、その前にやることがあります。
これも以前の記事の「特許調査」と同じように、「商標」を調査しなければなりません。
大変な思いをして考え出した商品名が「使えない!」なんてことになったら困ります。それ以上に「うちの商品名を使うな!」と訴訟を起こされたら一大事です。
裁判_H100
商標とは、取り扱う商品やサービスを他者(他社)のものと区別するために使用するマークのことです。文字、図形、記号、またはそれらの組み合わせなどがあります。
わかりやすいところでは、ゆるキャラで有名な「くまモン」も商標に登録されています。

商標調査をする目的は

1.商標を安心して使うため
商標登録をする1番の目的は、その商標を安心して使用し続けることができることです。
登録を更新し続ければ、商標を独占的に使うことができます。

2.他者(他社)に勝手にその商標や似た商標を使わせないため
商標に関する「面白い恋人」事件って聞いたことはありますか? 北海道の人気菓子「白い恋人」に似た名前の「面白い恋人」というお菓子が訴えられた事件です。そりゃ、こんなに似た名前を使われちゃ、人気菓子のメーカーは怒るでしょう。
こういうときに商標が活きてきます。商標を取っていなかったら、そのまんま同じ名前を使われても文句は言えませんから。しかも、後からその名前を商標登録されたら、自分がその商標を使えなくなってしまいます。

商品名(商標)を適切に使い続けると、御客様の間にそのイメージができあがり、ブランドとしての信用と信頼が増していきます。名前を聞いただけで「あれのことね!」と、わかってもらえるようになれればブランドとして一人前でしょう。
商標も以前の記事で書いた「特許調査」と同様に、弁理士に頼めばしっかり調べてもらえます。
 
関連する書籍は↓


 
  クリックして応援をお願いします!

今回は当社製品の商品名を考えたときの話。
考える人_H100
 「Neoview」というのが当社の目視検査支援機の商品名。見てのとおり、「Neo」+「view」です。2つの単語を繋げたものです。

Neo→新しい
View→観る、眺める

の組み合わせですから、目視検査支援機という市場にない商品にピッタリでしょう。

ここに至るまでのステップを思い出してみます。

1.Neoで統一感を
この商品名を考える以前、Neoという単語は別の商品で使っていました。
その商品は別の検査機だったので、ブランドとして「Neo~」にして統一感を持たせようと考えたわけです。

2.2つ目の単語を洗い出し
次に考えたのは、2つ目の単語です。
簡単なところで「see」「look」あたりから始まり、難しいところでは「appear」「appearance」なんてのも。
商品のコンセプトを考えながら、辞書を片手にできるだけ単語を洗い出しました。 

3.「Neo」と繋げて絞り込み
洗い出した多くの単語を「Neo」と繋げて、それらしいものを絞り込みました。
絞り込む条件は、

声に出したときの音の響き

つまり、語感が良いということです。
語感が良いということは、お客様が耳にする音の響きが良いということになります。人は語感で「いい・悪い」を決めるそうです。前の記事に書いた「通勤快足」もそれでしょう。
それに、「※□◇#△ 、いかがですか!」と商品名を声に出したとき、えらくむずかしい商品名を言われても覚えられないですよ。商品名は覚えてもらってなんぼ、ですよね。

ということで、絞り込んだいくつかの商品名を声に出し、その音の響きをくり返しくり返し確認しました。
わけの分からない単語をくり返すその姿は、かなり怪しい感じだったでしょう。
絞り込みを重ねてたどり着いたのが「Neoview」!
ネオビューの「ビュー」の最後の音引き(おんびき)の響きが良かったんですよ。
それに、「Neo」も「View」も日本人にけっこう馴染みのある単語なのもプラス要素でした。

商品名に使う単語を探すとき、のサイトが、けっこう使えます。




売れる! ネーミングの発想塾
齋藤 孝
ダイヤモンド社
2005-04-02




  クリックして応援をお願いします!

商品やサービスの顔ともいえるのがネーミングです。
ネーミングで売り上げが左右されるなんて話はけっこうあるくらいですから。
売上アップ_H100
たとえば、商品名を変えただけで売り上げが10倍になった話。
その商品の名は…

フレッシュライフ」!

ん? 聞き覚えないですね。どんな商品なんでしょう?
実はこれ、古い商品名なんです。では、この商品名は?

通勤快足

はい、これなら知ってる方も多いですね。抗菌作用があって脚がムレない靴下です。

この靴下、商品名を変えたら爆発的にヒットして売り上げが年間2億から20億になったそうです。本当にネーミングの威力ってスゴイですね。

こう聞くと、思いきり売れる商品名を考えたくなります。
そのあたりのことはマーケティングの分野ですので、多くの専門家の方にお任せすることにしましょう。
次回は当社の目視検査支援機「Neoview」の商品名を決めたときの話を書きたいと思います。


  クリックして応援をお願いします!

当社の特許について、こんな資料が届きました。な感じです。

年金納付期限のお知らせ
特許を取得すると、特許を維持するためのお金がかかります。このお金のことを年金といいます。

この資料は、その年金を納付するかどうかを弁理士さんが確認してくれているわけです。そりゃ必死で取得した特許ですから、もちろん権利を継続するために年金を支払いますよ。


と、ここでお得な情報をひとつ!

耳打ち_H100
研究開発型中小企業などは、審査請求料と特許料(第1年分から第10年分)や国際出願に関する調査手数料などの納付について減免措置が受けられます。一定の要件を満たしていることが条件ですので、減免を受けたいと思う方は、要件、手続などの詳細を↓で確認しましょう。

特許料等の減免制度 | 経済産業省 特許庁

特許料等の減免制度に関するQ&A | 経済産業省 特許庁
特許料・審査請求料の減免制度 - 関東経済産業局

参考までに当社の場合、提出する資料はの5つ。

  1. 特許料軽減申請書(産業技術力強化法)
  2. 資本金の額又は出資の総額を証する書面(現在事項全部証明書)
  3. 日本標準産業分類に基づく業種を証する書面(会社案内)
  4. 試験研究費等比率を証する書面(会計事務所による試験研究費等比率の証明書)
  5. 産業技術力強化法第18条に規定する者 確認項目

資料を一度作ってしまえば、それ以降はけっこう使い回しできるので手間はかかりません。

今回は減免は5,000円程度ですが、塵も積もれば山となるですね。なにより、審査請求の場合は減免される金額も多くなりますので、ぜひ活用してみてください。



  クリックして応援をお願いします!

自社製品を効率よく開発し、安心して販売をするためには「特許」が重要です。
その特許について語るとき、弁理士の存在を忘れることはできせん。
弁理士という資格をご存じですか?

それって弁護士じゃないの?

と、思われた方もいるでしょう。
そうですよね。ドラマの下町ロケットでは恵俊彰さんが演じた凄腕弁護士は注目されましたが、弁理士は出てこなかったですから。


弁理士、それは特許に関する手続きや法律の専門家です。

具体的には、特許権、意匠権、商標権などの知的財産権に関する各種事務手続を代行できる国家資格者なのです。
この国家資格、合格率6.6%(平成27年度)という超難関国家資格の一つ。これだけ合格率が低いということは、特許関連の事務手続きがかなり難しいということを示しています。

参考までに、これが弁理士記章。天秤マークの弁護士記章とはデザインが違いますね。

弁理士記章
出典 blog.livedoor.jp

特許は、出願してから権利を取得するまでに、さまざまな手続きやハードルがあります。
まず、特許を出願するには、特許庁に「願書」をはじめとするさまざまな資料を提出しなければなりません。この作業、特許の素人にはかなり大変な作業です。なにせ、提出先は特許庁というお役所ですから。
また、出願後も特許庁とのやり取りがけっこう続きます。審査で拒絶されたとき、特許請求の範囲を補正(修正)して特許を取得できるようにすることもあります。
さらに、特許の取得後も特許を維持するためのお金を支払ったりと、開発の本筋ではない仕事が山ほどあるのです。
これらの手続きを、すべて個人で行っていたら、本業が進まなくなりますね。

そこで強い味方になってくれるのが弁理士なのです。
以前の記事で書いた「特許調査」も、弁理士に頼めばしっかり調べてもらえます。当社でお願いしたときなんか、ぶ厚い電話帳ほどの調査資料をいただきました。
これだけ調べてもらうと安心ですね。すべての資料に目を通すのはキツかったですが、調査もれするよりは断然よいです。
また、特許侵害訴訟のときは、担当していただいた弁理士さんと技術面で打合せを頻繁に行いました。ちなみに、弁理士は裁判の代理人には原則なれないため、弁護士が代理人となって弁理士が特許技術でサポートする体制が一般的です。
うちの場合も弁護士・弁理士のチームで大活躍してもらいました。
 

ということで、アイデアを形にしてビジネスに繋げるために、弁理士の存在を頭の片隅に入れておいてください。
 

日本弁理士会

ウィキペディアで弁理士を調べる


↓は弁理士さんのBlogです。勉強させてもらってます。
弁理士oTToのBlog(ブログ):



下町ロケット -ディレクターズカット版- DVD-BOX
阿部寛
TCエンタテインメント
2016-03-23

下町ロケット (小学館文庫)
池井戸 潤
小学館
2013-12-21


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ