特許・商標 : 0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 特許・商標

20180507103354
出典:茨城県中小企業振興公社

茨城県中小企業振興公社では、経営や知的財産に関する課題を解決するために、中小企業・小規模事業者支援に優れた能力・知識等を有する専門家を配置し、個別相談会を開催します。




関連リンク
サテライト拠点 - 茨城県よろず支援拠点


  クリックして応援をお願いします!

20190507101209-s
出典:経済産業省

大幅な機能改善をした特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)がリリースされました。
今回の機能改善では、特許・実用新案・意匠・商標の前日までの審査・審判書類を参照できるようになります。これにより、自社・他社案件の審査・審判結果を早く正確に把握することができるようになり、より効果的・効率的に研究開発等を進めることができるようになります。

おもな新機能は
  1. タイムラグを短縮し、参照できる書類を拡充
    特許庁が書類を発出してから審査・審判経過情報が参照可能になるまでの期間を、約3週間から、原則1日に短縮します。
    また、参照できる書類を、特許・実用新案に加え、意匠・商標にまで拡充します。
    ※意匠・商標の書類は、平成31年1月以降の書類(意匠は、登録になったもののみ)が照会対象になります。

  2. データベースを拡充
    特許庁の審査で拒絶された商標出願や、権利が抹消された商標登録を新たに検索できるようになります。
    また、近年、急増している中国の特許文献を日本語で検索できるようになります。

  3. 機械翻訳の質を改善
    AIを活用した最新の機械翻訳アルゴリズムにより、質の向上した日英翻訳を提供します。

  4. 画面表示を分かりやすく改善
    初めての方でもスムーズに利用できるよう、メニューや初期画面を整理します。



J-PlatPatで当社の社名を検索してみたところ、特許・実用新案や商標などが一括して簡易検索できました。かなりUIが使いやすくなった感じ。処理速度が少し落ちている気もしますが、全体としては好印象です。

20190507101824-s
出典:経済産業省

特許取得をめざす技術者におススメの本は  誰もが知っておきたい実践的テクニックを学べる一冊です。


関連リンク
特許情報プラットフォーム|J-PlatPat
[INPIT]改訂版J-PlatPatマニュアル | 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
前日までの審査結果が参照できるようになります (METI/経済産業省)


  クリックして応援をお願いします!

20190425181557-s
出典:経済産業省

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)が大幅な機能改善を行います。
2019年5月3日から行われるメンテナンス中に機能改善が行われ、5月7日には特許・実用新案・意匠・商標の前日までの審査・審判書類を参照できるようになります。
これにより、自社・他社案件の審査・審判結果を早く正確に把握することができるようになり、より効果的・効率的に研究開発等を進めることができるようになります。

おもな新機能は
  1. タイムラグを短縮し、参照できる書類を拡充
    特許庁が書類を発出してから審査・審判経過情報が参照可能になるまでの期間を、約3週間から、原則1日に短縮します。
    また、参照できる書類を、特許・実用新案に加え、意匠・商標にまで拡充します。
    ※意匠・商標の書類は、平成31年1月以降の書類(意匠は、登録になったもののみ)が照会対象になります。

  2. データベースを拡充
    特許庁の審査で拒絶された商標出願や、権利が抹消された商標登録を新たに検索できるようになります。
    また、近年、急増している中国の特許文献を日本語で検索できるようになります。

  3. 機械翻訳の質を改善
    AIを活用した最新の機械翻訳アルゴリズムにより、質の向上した日英翻訳を提供します。

  4. 画面表示を分かりやすく改善
    初めての方でもスムーズに利用できるよう、メニューや初期画面を整理します。



今回の機能改善はかなり広範囲にわたっています。
中国の特許文献を日本語で検索できるというのは期待大です。それに、最新の機械翻訳がどのような訳をしてくれるかが楽しみ。


特許取得をめざす技術者におススメの本は  誰もが知っておきたい実践的テクニックを学べる一冊です。

関連リンク
前日までの審査結果が参照できるようになります (METI/経済産業省)
特許情報プラットフォーム|J-PlatPat
 
  クリックして応援をお願いします!

20190425181210-s
出典:特許情報プラットフォーム

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)のメンテナンスのため、2019年5月3日(金) 9:00 〜 5月7日(火) 9:00まで全サービスが停止します。

大型連休中にメンテナンスをする中の人、お疲れさまです。



関連リンク
特許情報プラットフォーム|J-PlatPat
データ更新予定 | J-PlatPat


  クリックして応援をお願いします!



特許庁は、インターネット出願ソフトのご利用方法を動画で紹介しています。
インターネット出願とは、電子証明書と専用のソフトウェアを用いて、自宅や社内のパソコンから特許庁へ特許などの出願や、特許庁から書類などの受け取りをオンラインで行うサービスです。

特許取得をめざす技術者におススメの本は  誰もが知っておきたい実践的テクニックを学べる一冊です。


関連リンク
電子出願ソフトのご利用方法 | 経済産業省 特許庁


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ