特許・商標 : 0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 特許・商標


160620_gyouza

2016年6月18日放送のTV番組「ジョブチューン」で、味の素の冷凍餃子のヒミツをぶっちゃけてました。

味の素の餃子は1972年に発売。2003年以降、すべての家庭用冷凍食品の中で売上げ1位を13年連続。つまり、日本で一番売れている冷凍食品なのです。
2012年、油と水なしで焼ける羽根つき餃子を実現し、爆発的な大ヒットをしました。
ほかにも品質やトレーサビリティ管理に関するヒミツまで紹介してました。

その中でも興味を持ったのは、特許のはなし。
この水なし油なしで焼ける餃子の特許、他社はすり抜けて真似しているそう。敵ながらアッパレ、いいものはパクられるという感想のようです。

特許を取得するということは、「技術を公開する」ということです。
出願した日から1年6カ月を経過すると、特許出願の内容が公開公報によって公開されます。公開された出願内容を参考にして、競合他社がすり抜け方を考えたりするわけです。

そのようなデメリットを回避するため、自社技術をブラックボックス化するという戦略もあります。
特許として出願するかブラックボックス化するか、そのあたりは事業戦略に合わせて使い分けをする必要があると思います。
判断材料はいっぱいありますが、その例は

 リバースエンジニアリングできるか否か
 他社がその技術を実現できるか否か
アイデア_H100

目視検査支援機Neoviewの基本構造については、迷わず特許出願をしました。ハードウェアは1台購入されれば、リバースエンジニアリングですぐにコピーできちゃいますから。だったら特許を取得して安心してビジネスができるようにしようと考えたわけです。

また、インライン機で評判のよい「マルチコントロール」という機能も特許を取得済みです。この機能は高度なソフトウェアで実現されているため、他社は易々と実現することはできません。だから、特許出願が公開されても問題ないと判断しました。
実際、他社でマルチコントロールと呼んでいる機能、Neoviewのそれとはまるで別物のようです。 「マルチコントロール」という単語に惑わされないようにご注意ください。

関連記事
好評です。インライン型目視検査支援機+マルチコントロール
 

  クリックして応援をお願いします!

160603_genmen-001
以前の記事でも書いた特許料・審査請求料等が安くなる「減免制度」。新しいパンフレットができたようです。
中小ベンチャー企業の方や研究開発型の中小企業の方、ぜひご利用ください。

関連記事
特許料、ちょっとお得な情報を…
特許料の軽減措置、ミスりました...



  クリックして応援をお願いします!

目視検査支援機Neoviewに関する特許侵害訴訟のとき、弁護士・弁理士の方にとてもお世話になりました。
裁判_H100
民事訴訟の場合、
ドラマのように「異議あり!!」なんてカッコいい場面はほとんどありません。
準備書面(
当事者が口頭弁論で述べようとする事項を記載した書面)でのやり取りが非常に重要です。

当然のことですが、相手方が出す準備書面には相手方に有利・こちらに不利な内容が記載されています。
その準備書面を文言どおりに受け取っては相手方の思うつぼ。
行間にある戦略・弱点を読み取り、訴訟を有利に進める必要があります。
凝視_H100
と、わかっていても、訴訟経験のない人間には、文章を読むにも書くにもハードルが高い!
準備書面による論理戦を戦うには、優れた弁護士・弁理士との関係づくりが重要だと実感しました。

弁護士の論理力に触れてみたい方は




  クリックして応援をお願いします!

目視検査支援機Neoviewの韓国特許について、年金納付の問い合わせがありました。

160528_nenkin_02
ここでいう年金は、特許を維持するための費用。今回は第12年度の年金納付となります。
韓国側での費用と国内の費用を合わせて、概算で60,000円。
権利継続の手続きをします。


 をクリックお願いします。励みになります! 


  クリックして応援をお願いします!

160531_china
「模倣品」「海賊版」というと、中国をイメージする方もいるでしょう。
NHKによると、中国では著作権などの知的財産を新たにビジネスに利用しようという動きも出始めているそうです。
中国政府は、付加価値の高い商品作りが経済成長のカギととらえ、知的財産の活用や取り締まりを強化しています。また、横行する模倣品や海賊版などに対する国内外からの批判も後押ししているとのこと。
具体的には、外国アニメの権利獲得や人気キャラクターを使ったゲーム作りなど、知的財産ビジネスが中国で広がり始めています。

以前の記事で書きましたが、 知的財産権訴訟で有名な「しんちゃん」事件。
同様の事件がなくなることを期待しましょう。

  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ