0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 補助金


経済産業省・中小企業庁の「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」、通称「ものづくり補助金」の申請受け付けが始まっています。
予算額は1000億円、1万社への支援を目指すとのこと。

補助金のメリットはというと…
補助金?_H100
一番のメリットは「補助金」そのものなのは当然ですね。
しかし、他にも重要なメリットがあります。それは…

「期限が決まっている」

ことです。
当然のことですが、期限までに補助事業を終わらせないと補助金は支払われません。成果を蚊取りらなければなりません。そのため、必死で事業を推進するようになります。
期限のない仕事は、いつまでたっても仕事が終了しません。自社製品開発も同じことです。
そんな視点で補助金を活用してみてはいかがでしょうか。

ものづくり補助金の活用を検討している方は、申請書の準備をお早めにどうぞ。




  クリックして応援をお願いします!

H29_sanka2-001H29_sanka2-002
 
平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の公募に関して、説明会の案内が届きました。
茨城県中小企業団体中央会では、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者を支援する補助金について説明会を開催します。

  日程:3月15日(木)
  時間:13:30 ~ 16:30
  会場:水戸プラザホテル(水戸市)
  締切:3月12日(月)(定員200名)

参加したい企業の方は、から申込書をダウンロードして記入し、FAXで申し込んでください。




  クリックして応援をお願いします!

17-03-01-19-16-44-777_photo

平成25年度および平成27年度ものづくり補助金に関して、茨城県地域事務局からメールが届きました。
メールの内容は、 1カ月後の4月1日、今年度の事業化状況・知的財産権等報告の受付けを開始するので準備を進めてほしいというものです。って、今年の4月1日は日曜日ですので、実質は4月2日スタートですね。

ものづくり補助金による補助事業が終了した後、5年間は補助事業の成果の事業化状況等について報告をする義務があります。
今回の報告は、の「事業化状況・知的財産権等報告システム」というWebのサービスを使って行います。
パソコン_H100
平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業
「事業化状況・知的財産権等報告システム」
  https://www.25mono-system.jp/report/Authority/LoginCompanies/

平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金
「事業化状況・知的財産権等報告システム」
  https://www.27mono-system.jp/report/Authority/LoginCompanies/


本システムへの登録期間は、平成30年4月1日 ~ 平成30年6月30日まで。この登録期間を過ぎると、本システムの登録ができません。
年度の違う補助事業の報告はURLが異なりますので、各地域の事務局に問い合わせしてください。
また、報告期間も補助事業の年度ごとに変わりますので注意してください。
 
事業化状況・知的財産権等報告書(様式第13と様式第13の別紙)の報告の流れ
  1. システムにログインした後、「事業化状況・知的財産権等報告書」メニューで事業化報告と直近の損益計算書のデータをシステムに登録する。
  2. システムで文書発信年月日(報告書印刷)を押し、「文書発信年月日」を登録します。
これで報告完了です。郵送での提出は不要になりました。

システムのログイン時や報告登録時に必要なもの
  1. 25から始まる10桁の受付番号
  2. メールアドレス
  3. 地域事務局より配布された初期パスワード(パスワードを変更した場合は、変更後のパスワード)
  4. 直近の損益計算書




  クリックして応援をお願いします!

H30kikin-001H30kikin-002
出典:茨城県中小企業振興公社

茨城県中小企業振興公社から「平成30年度いばらき産業大県創造基金事業」公募の案内が届きました。
同公社では、茨城県の豊かな地域資源や最先端の科学技術を活用した新事業や新産業の創出、新時代に対応した地域密着型事業まで、多様な中小企業の取組を支援する「いばらき産業大県創造基金事業」の公募を行います。
公募期間は、2018年4月6日(金)まで。詳細は
http://www.iis-net.or.jp/files/kousya/page/temp_file_list/H30kikin.pdf


  クリックして応援をお願いします!

平成29年度補正ものづくり補助金のポイント
出典:イプロス

BtoBマーケティングサイト「イプロス」は、「平成29年度補正ものづくり補助金のポイント」をBlogで公開しました。
「補助金の基礎知識」という資料もダウンロードできます。設備投資などを考えている方は参考にしてください。

平成29年度補正ものづくり補助金のポイント | 製造業・建設業のBtoB販促支援ならイプロス

補助金のメリットはというと…
補助金?_H100
一番のメリットは「補助金」そのものなのは当然ですね。
しかし、他にも重要なメリットがあります。それは…

「期限が決まっている」

ことです。
当然のことですが、期限までに補助事業を終わらせないと補助金は支払われません。そのため、必死で事業を推進するようになります。
期限のない仕事は、いつまでたっても仕事が終了しません。自社製品開発も同じことです。
そんな視点で補助金を活用してみてはいかがでしょうか。

ものづくり補助金の活用を検討している方は、申請書の準備をお早めにどうぞ。




  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ