0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 設計・開発

170623_パワーグローブ
出典:DIME

パワーグローブは、1990年に発売されたファミコン専用コントローラです。ファミコン世代の方なら、一度は目にしたことがあるでしょう。その当時、手や腕を動かしてファミコンを動かせるという衝撃的なインターフェイスに驚かされたのを覚えています。
しかし、その操作性は残念ながら最悪。鳴り物入りで発売されたものの、その特性を活かしたソフトはろくに販売されず、パワーグローブは人知れず市場から消えました。

パワーグルーブに再会したのは、それから数年後。秋葉原のショップ店頭でした。
叩き売り状態で超格安。誰も目もくれないその一品を喜び勇んで買い込んで、足ばやに家路につきました。その手には2台のパワーグルーブをぶら下げて…

その後、パワーグローブを分解して回路を解析したり、PCに繋いで新しいユーザーインターフェイスの研究に使ったりしたのを覚えています。
いま考えると、あまりに時代を先取りしすぎたのかもしれません。



関連リンク
DIME:あの頃これが欲しかった!ファミコン向けコントローラー『パワーグローブ』


  クリックして応援をお願いします!

170622_ユニバーサル基板
出典:秋月電子通商

秋月電子通商が新しいユニバーサル基板を取り扱い始めました。
サイズは、おなじみの「FRISK® 120% BOOSTER」にピッタリな56.5mm × 32mm。
P-12188 (4)P-12188 (2)P-12188 (5)
出典:秋月電子通商

こりゃ、いいサイズですね。基板やケースを加工しなくていいのがありがたい。
Arduino Pro Miniを使った開発に使えそうです。

  • ユニバーサル基板 56.5×32mm
  • [AE-FRSK-120-UV-TH]
  • 通販コード P-12188
  • 発売日 2017/06/15
  • メーカーカテゴリ 株式会社秋月電子通商

関連リンク
秋月電子通商:ユニバーサル基板 56.5×32mm


  クリックして応援をお願いします!


タマオームのホーロー抵抗器が2014年5月末で生産を終了していたんですね。たまに使っていたんですけど、気づきませんでした。
代替品は後継のTRHタイプだそうです。被覆が異なりますが同一仕様です。ということで、正式名称は
  • RWH:電力形ホーロー被覆巻線抵抗器
  • TRH:電力形不燃性塗料被覆巻線抵抗器
20170621102210
出典:タマオーム

これは覚えておかなければ! ということで、メモ書きです。


  クリックして応援をお願いします!

170616_RPZ IR Sensor
出典:スイッチサイエンス

スイッチサイエンスの新商品「RPZ-IR-Sensor」がホームオートメーションIoTの開発に便利そうです。
Raspberry Piの40ピンコネクタに装着すると、温度、湿度、気圧、光(照度)測定、および赤外線通信機能を追加できます。価格は4,350 円。

image-1497333604967
出典:スイッチサイエンス

利用可能なRaspberry Piは
  • Raspberry Pi 3 Model B
  • Raspberry Pi Zero v1.3
image-1497340035580image-1497340035573
出典:スイッチサイエンス

赤外線通信機能があるのがポイントですね。赤外線リモコンで操作できる家電品であれば、家電ごとの専用機器を使わなくても制御が可能なわけです。各種センサの観測値に基づいて家電製品を制御したり、時間帯を指定してテレビや照明をON/OFFしたりできます。所定の温度になったらエアコンをつけるという、ど定番の制御も容易でしょう。
また、Raspberry Piがインターネットにつながっていれば、外部から家電を制御することも可能です。
なお、ホームオートメーションIoTを実現するプログラムやその他の機器は付属しません。 

関連リンク
スイッチサイエンス:Raspberry Pi Zero用 赤外線 + 環境センサ ホームIoT 拡張ボード「RPZ-IR-Sensor」
 
  クリックして応援をお願いします!

176016_MI0202CL_
出典:秋月電子通商

トライアック調光器を外部から制御するため、ど定番のアナログ・フォトカプラ「MI0202CL」を購入。
購入したアナログ・フォトカプラはCdSとLEDを組みわせたもので、LEDの明るさに応じてCdSの抵抗値が連続的に変化します。この抵抗の変化を使い、トライアック調光器の調光ボリュームに置き換えるわけです。

MI0202CLのデータシートは

MI 0202CL-R Specification3

さて、どの程度スムーズに調光できるか、物が届くのが楽しみです。

関連リンク
秋月電子通商:CdS+LED アナログ・フォトカプラ MI0202CL
秋月電子通商:トライアック万能調光器キット(20Aタイプ)


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ