0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 設計・開発

PHP  Hypertext Preprocessor_
出典:The PHP Group

2017年6月8日(米国時間)、オープンソースの汎用スクリプト言語 PHP 7系の最新版「PHP 7.1.6」と「PHP 7.0.20」が公開されました。
各リリースのアナウンスは


併せて、PHP 7.2.0 Alpha 1も公開されました。

なお、アルファ版にはバグが含まれている可能性があるため、通常の運用で使用することは推奨されません。バグ出しに協力したい方は、PHP 7.2.0 Alpha 1をどうぞ。



関連リンク
日本PHPユーザ会


  クリックして応援をお願いします!

Raspberry-Pi-3-top-down-web
出典:Raspberry Pi財団

「Raspberry Pi」を狙うマルウェアが発見されました。
そのマルウェアの名は「Linux.MulDrop.14」。Raspberry Piにだけ感染し、暗号通貨の採掘(マイニング)に利用されるそうです。ただし、Bitcoinのマイニングは行わない模様。

ターゲットとなるRaspberry Piの条件は
  • 外部からのSSH接続が許可されている
  • デフォルトのログイン名「pi」とパスワード「raspberry」が使われている
このマルウェアに感染すると、パスワード「raspberry」が変更され、piユーザが乗っ取られた状態になります。その後、感染を拡げるための各種ツールが勝手にインストールされ、ネットワーク上の他のデバイスを探索し始めます。

Raspberry Piは、過去5年間で約1250万台が販売されています。汎用コンピュータとして第3位の販売台数に達しており、それまで第3位であった「Commodore 64」を追い落としたほど。
それだけの数があれば、このマルウェアのターゲットになる台数も相当な数にのぼるでしょう。

さっそく、Raspberry Piのアップデートを実行しました。今やらないと忘れそうなので。
  1. OSのアップデート
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade

  2. ファームウェアの更新
    sudo rpi-update
17-06-09-13-32-15-932_photo_




  クリックして応援をお願いします!

17-05-30-20-34-50-277_photo17-05-30-20-35-22-600_photo

秋月電子通商のトライアック万能調光器キット(20A)を組み立てました。
ケースは、タカチ電機工業のMB-2です。

17-06-09-08-59-08-160_photo

 トライアック万能調光器キット(20Aタイプ)
 通販コード K-00098
 発売日 2002/10/18
 メーカーカテゴリ 株式会社秋月電子通商
K-00098


  クリックして応援をお願いします!

17-06-08-12-24-34-950_photo

秋月電子通商で注文したアナログ・標準パネルメーターが届きました。
プリント基板の簡易チェッカー 2台分です。

17-06-08-12-25-16-762_photo17-06-08-12-25-33-600_photo17-06-08-12-26-01-543_photo

既存の簡易チェッカーでは15V以内で電圧計測をしています。今回、計測する電圧のMaxが15Vを超えたため、簡易チェッカーにこのパネルメーターを追加。新旧基板を両方とも検査できるように改造します。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00180/
 アナログ・標準パネルメーター(20VDC)
 [DE-550 DC20V]
 通販コード M-00180
 発売日 2001/11/03
 メーカーカテゴリ DER EE Electrical Instrument Co., Ltd


  クリックして応援をお願いします!

image-1496656197473
出典:スイッチサイエンス

スイッチサイエンスは、ヤマハが開発した自然応答技術「HEARTalk」を搭載した基板「HEARTalk UU-001」を発売しました。価格は9,180円(税込)。
HEARTalkとは、人間と機械との会話を自然にするために開発されたヤマハの独自技術。人間の呼びかけの音楽的要素である「韻律」をリアルタイムに解析し、応答に適した自然な「韻律」を導出します。
自作の工作機械やロボットに組み込むことで、人間の問いかけに自然に応答する機能を簡単に組み込むことができます。



USB経由でWindows PCと接続することで、返事用の音声データを差し替えることが可能。音声データを作成すれば、自分の声などに変更することもできます。
また、GPIOのスルーホールを用意しています。これらを使ってRaspberry PiやArduinoから制御することができます。

ハードウェア仕様は
  • スピーカー出力:0.5 W class AB 8Ω
  • USB:CLASS 1.0 Mass Storage
  • GPIO:3.3 V Pull up/GND
  • シリアルインターフェイス:UART電圧3.3 V
  • 動作電圧:3.3~5.5 V
  • 消費電流:typ 50 mA + スピーカー
  • 動作温度範囲:-20~70℃(TBD)

今回発売するHEARTalk UU-001は、電子楽器ウダーを製作する宇田道信氏が企画を手掛けているそうです。電子楽器ウダーはTVなどでも紹介されているので、ご存知の方もいると思います。
見たことのない方はをどうぞ。



関連リンク
スイッチサイエンス:HEARTalk™ UU-001
電子楽器ウダー


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ