0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 設計・開発

81LCAJq1AZL
出典:Amazon

Amazonで「私たちはみなメイカーだ」を予約注文しました。
Maker Faire Tokyo 2017で先行発売していたのですが、時間もなくて買えずじまい。Maker Faireでメイカームーブメントに触れた直後なので、届くのが待ち遠しいです。




  クリックして応援をお願いします!

node-red-screenshot
出典:JS Foundation

日立製作所は、ソースコードを記述せずにプログラミングが可能なツール「Node-RED」の機能拡張に向けて、多様なシステム間での処理・データ連携を容易に実現する技術を開発しました。

Node-REDは、画面上に「ノード」と呼ばれる処理部品を配置し、ノード間を接続するだけでプログラムを容易に作成できるツールです。企業での活用が進められていますが、システム間での処理やデータ連携を行うためには、個別の処理「ノード」を対象システムごとに開発する必要があることが課題となっていました。
そこで日立は、Node-REDと他システムとの連携パターンを一般化できることに着目し、システム間の接続インターフェース(API)を統合管理する技術(Flow Connection Gateway)を開発。迅速なアプリケーション開発を可能にしました。

日立は、今回開発した技術をNode-REDの新機能としてNode-REDコミュニティに提供するほか、Node-RED初心者向けの書籍の発売などを通じて、Node-REDコミュニティへの貢献をめざします。



関連リンク
日立製作所:プログラミングツール「Node-RED」の機能拡張に向けて、システム連携を容易に実現する技術を開発


  クリックして応援をお願いします!

co

予約購入していたトランジスタ技術 2017年9月号が発送されたそうです。
で、お届け予定日は… 8月12日()。お盆休みなんですけど orz


  クリックして応援をお願いします!


これはイイ! 熱収縮チューブの入れ忘れで何度泣いたことか…


  クリックして応援をお願いします!

20170808143506
出典:ファナック

日刊工業新聞によると、経済産業省と厚生労働省は、日本工業規格(JIS)に記載された産業用ロボットの安全要求事項を補足するため、新たな技術仕様書(TS)を策定して9月をめどに公表するそうです。
このTSでは、ロボットが人間が接触した際に事故が発生しない許容値を、頭部、腹など身体の部位ごとに明示。安全確保策を示すことで、協働ロボの普及が加速させる目的があります。

協働ロボットには、安全柵やライトカーテンなどが必要ないことから、設置スペースも小さくて済むメリットがあります。とはいえ、実際の導入となると、安全面で一抹の不安を感じるもの。
経済産業省&厚生労働省お墨付きの安全確保策が明示されれば、それに沿った協働ロボットの導入が加速しそうです。また、海外メーカーの協働ロボットも、このTSに沿うことが日本市場でのシェア拡大の近道となるでしょう。

PAVP6COLAB
出典:Precise Automation, Inc.


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ