0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 設計・開発


トイレのコントローラって赤外線で動いているやつがあるんですね。
先日の #MakerFaireTokyo2017 でミサイルスイッチ型学習リモコン『NoraCon-MS1』を販売していたそうです。気が付くのが遅かった! 


  クリックして応援をお願いします!

トランジスタ技術 2017年9月号、予約注文しました。 

今回の特集は

特集

マンガ伝2017 ! 
トランジスタ回路教科書
 
1石増幅から最新型パワー弾GaN/SiCまで,アップデート完了 ! 




「アナログウェア No.3」が別冊付録。内容は LTspiceXVII 公式和訳マニュアルだそうです。



  クリックして応援をお願いします!

be-Wm1JiI6CppU_01
出典:IBM

IBMの研究チームは、業界最高の面記録密度201Gbit/inch2を達成した磁気テープストレージ技術を開発しました。これにより、磁気テープ・ストレージにおいて2006年以降5度目の世界新記録を達成しました。
この磁気テープで使われたのは、ソニーストレージメディアソリューションズが開発したスパッタリング磁気テープの試作品です。

35886194591_91a1c5726d_b
出典:ソニーストレージメディアソリューションズ

この技術では、カートリッジ 1本で330TB相当のデータ密度を実現。この容量は無圧縮での保存に相当するため、圧縮をかければペタバイト単位での記録も可能です。

be-Wm1JiI6CppU_02
出典:IBM

カセットテープやVHSが市場からほぼ姿を消し、磁気テープは過去の遺物と認識されるのが一般的です。
しかし、ここ数年の技術革新で大容量化が進み、ビッグデータ時代の大容量・低コスト記憶メディアとして長期保存に適した磁気テープが見直されています。
目視検査支援機Neoviewにおける検査結果も、品質記録として長期保存が必要な重要データのひとつ。お客様の大切なデータを長期保存・長期運用できるよう、さらに研究開発を継続中です。

 

関連リンク
IBMニュースリリース:磁気テープ・ストレージで新記録を樹立、クラウド・ストレージにおける磁気テープの競争力を強化
SONYニュースリリース:業界最高※1の面記録密度201Gbit/inch2を達成した磁気テープストレージ技術を開発



  クリックして応援をお願いします!

Download Visual Studio Code
出典:Microsoft

Microsoftは、Visual Studio Code(VS Code)のWindows 64bit版を公開しました。

  クリックして応援をお願いします!

btn_top_info01
出典:日本ベアリング

日本ベアリングは、従来製品とくらべて1.5倍以上の剛性を実現したローラーガイド「EXRAIL」を発売しました。
ガイドの転動体には、一般的なボールではなく、ニードルローラーを採用。長く径の小さいニードルローラーを多数搭載することにより、1個のローラーが受ける荷重が減って変位しにくくなったことで、剛性を1.5倍以上高めることが可能となりました。

img_top_features01
出典:日本ベアリング

また、荷重を多数の小径なニードルローラーで受けることで、転動体が通過する際の振動を1/2以下まで軽減。さらに、ローラーの数が増えたことで動摩擦力が大きくなり、すばやく振動が収まることで従来の1.5倍以上の高減衰性を実現しました。

日本ベアリングは本製品の販売に向けて、特設サイト「EXRAIL.JP」を開設。ブランドキャラクターのロボット「EXRAIL-1」によるプロモーションビデオも作成し、積極的なブランド戦略を展開しています。

EXRAILスペシャルサイト
出典:日本ベアリング
be-DOLOGHVtmkQbe-DOLOGHVtmkQ_02
出典:日本ベアリング

日本ベアリング(NB)の特設サイト「EXRAIL.JP」を見て、これまでのNBのイメージが大きく変わりました。
現在公開されているプロモーションビデオ「EXRAIL-1 The Movie/Episode1」は必見です。続編となるムービー「Episode 2」も制作を開始しているようです。乞うご期待!

関連リンク
日本ベアリング:EXRAIL.JP


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ