0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 設計・開発

M-00180
出典:秋月電子通商

プリント基板の簡易チェッカー用にアナログのパネルメーターを購入しました。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00180/
 アナログ・標準パネルメーター(20VDC)
 [DE-550 DC20V]
 通販コード M-00180
 発売日 2001/11/03
 メーカーカテゴリ DER EE Electrical Instrument Co., Ltd

「電圧が15~18Vであることを確認すること」といった検査仕様のとき、アナログメーターは読み違えが少ないのがメリット。秋月電子通商では電圧計・電流計をバリエーション広く取り扱っているので、なにかと助かります。


  クリックして応援をお願いします!

中国から荷物が届きました。届いたのは、USBホストシールドです。
17-06-02-16-44-50-909_photo17-06-02-16-47-15-990_photo

Amazonのレビューを見ると、ハンダ付け不良のせいでそのままでは動作しなかったという書き込みがありました。
念のため、目視確認します。
17-06-02-17-32-07-594_photo

まぁ、イマイチな感じもしますが、動作には問題がないレベルでしょう。
これで860円なら、ハンダを修正することになっても安い買い物です。




  クリックして応援をお願いします!


2017年2月28日の記事で紹介した茨城県つくば市のスタートアップ企業「ナノルクス」は、ASUSおよび筑波銀行グループから合計約1.3億円の資金を調達したと発表しました。
ナノルクスは、産業技術総合研究所(産総研)が開発したカラー暗視撮影の技術を実用化するために設立された企業です。この技術を使うと、完全な暗闇でもカラー撮影が可能となります。

image_anshirei_limage_anshirei_r



ナノルクスのカラー暗視撮影技術が量産化されれば、社会インフラ整備や自動運転技術、さらにスマートフォンなどまで、活用される分野は無限に拡がります。

関連記事
ナノルクス、完全な暗闇でもカラー撮影ができる技術を実用化


  クリックして応援をお願いします!

be-sKjAp0iZ7dc
出典:YouTube

Twitterで話題となった、足で操作する補助アーム「MetaLimbs:」。これはぜひ試したい一品です。
この補助アーム、足を使って自由に操作できるだけでなく、触覚も足の指に伝えてくれるという機能まで盛り込まれています。
はんだ付けをしている姿は、なんとスバらしいことでしょう。「あと1本、手があれば!」という夢を実現してくれています。




  クリックして応援をお願いします!

char_all
出典:プロスパイン

日刊工業新聞によると、プロスパインは、磁気歯車に大型タイプ「MP5555」を追加しました
磁気歯車は、磁力の反発と吸引により接触せずに動力を伝えるユニットです。MP5555では歯車の直径を35mmから55mmにサイズアップ。トルクが2倍以上高まったことによって、コンベア搭載時には500kgの搬送ができるそうです。

磁気歯車は互いのギアが接触しない構造なので、メンテナンスフリーになるのが魅力。なにより、2つの磁気歯車の隙間に遮蔽物を挟んでも、動力が伝達されるというのはスバらしい!



以前、目視検査支援機Neoviewの特注案件で、磁気歯車の導入を検討したことがあります。
そのときは採用には至りませんでしたが、今後の開発案件の中ではトライしてみたい部品です。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ