0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: ガジェット

Surface_J_Overview_5_FeatureImagePriority-new_Panel_V2
出典:Microsoft

2017年5月23日、Microsoftは、「New Surface Pro」を発表しました。
その名のとおり、Surface Proの最新モデルで、現行のSurface Pro 4の後継モデルです。本日から各地域で受注を開始しますが、日本での取り扱いについては不明です。LTE内蔵モデルは今秋に出荷予定とのこと。
Intel® Core™ m3、128GB SSD、4GB RAMの最廉価モデルの価格は799ドル。
Intel® Core™ i7、1TB SSD、16GB RAMの最高級モデルは2,699ドル。

69a4806a53cf32a3dbf295d3273dcc24d4db4f2e6c447de963008b47b8462d3e
791b0235bc0a24f7a1269cc42a180b4fe7e8b87774223173e357d9fe3e842b2b
出典:Microsoft

New Surface Proでは、Surfaceの特長でもあるSurface Penの性能がアップしました。筆圧検知の感度が1,024段階から4,096段階に向上。さらに遅延も少なくなりました。
また、バッテリーの駆動時間はSurcace Pro 4の9時間に対して、New Surface Proでは13.5時間と1.5倍に延びています。 



「New Surface Pro」という名前、なぜ「Surface Pro 5」とならなかったのでしょう? 次が出たら「New Surface Pro 2」?

関連リンク
Microsoft:Introducing the new Surface Pro.


  クリックして応援をお願いします!

mv_01mv_02
出典:NTTドコモ (Galaxy S8、Galaxy S8+)

2017年5月24日、NTTドコモは、2017年夏の新サービス・新商品を発表しました。
その中で注目しているのは、Samsungのフラッグシップスマートフォン「Galaxy S8」 「Galaxy S8+」。6月上旬に発売予定です。

画面サイズは、Galaxy S8が5.8インチ、Galaxy S8+は6.2インチ。左右のベゼルがほとんどない画面が特徴です。今までにない18.5:9の縦横比となっており、ラウンドガラスと併せて印象的なデザインとなっています。
ボディーカラーは、オーキッドグレイ、ミッドナイトブラック、コーラルブルーの3色。
img_gallery_04
出典:NTTドコモ

NTTドコモは、発売日前日までに予約した人全員にVRゴーグル「Galaxy Gear VR with Controller」をプレゼントとのこと。
Galaxy Gear
出典:Samsung

Galaxy Note 7での発火事故がいまだ記憶に新しい中、ベゼルレスデザインのGalaxy S8シリーズで復活が遂げられるか要注目です。
Galaxy Mobile Japan 公式サイト
出典:Samsung


  クリックして応援をお願いします!


5月だというのに各地で夏日が記録されています。しかも、紫外線は5月ごろから多くなると言われているそうで、女性の方なら日焼けや肌荒れが気になることでしょう。

そんな紫外線が気になる方向けに、サンコーレアモノショップはスマートフォンで紫外線の量を計測できる「超小型イヤホンジャックUVチェッカー」を販売しています。
この商品は、スマートフォンのイヤホンジャックにさして、アプリでチェックする簡易紫外線測定器です。iPhoneとAndroidに対応しています。

smtuvcf01-p03
出典:サンコーレアモノショップ

本体はわずか6gと超軽量。超小型なのでカバンに入れても邪魔になりません。
電源も必要ありませんので、室外でも気軽に測定できます。

紫外線が気になる方は、おひとついかがですか?





  クリックして応援をお願いします!

Android O Developer Preview_
出典:Google

2017年5月17日(現地時間)、Googleは開発者向け会議「Google I/O 2017」で、Androidの次期OS「Android O」の詳細を発表しました。
当日から開発者や一般ユーザーを対象としてパブリックβの配布を開始しています。なお、プレビュー版を導入できる機種は
20170518105146
出典:Google

また、Androidユーザの拡大に向けて、メモリが1GB以下のローエンド端末「Android Go」も2018年に導入します。

関連リンク
Android O Developer Preview


  クリックして応援をお願いします!


2017年5月17日(現地時間)、Googleは開発者向け会議「Google I/O 2017」で、AI搭載のスマートスピーカー「Google Home」を日本を含む5か国で新たに発売すると発表しました。
販売エリアに追加されるのは、カナダ、フランス、ドイツ、オーストラリア、日本の5か国。時期は2017年夏が予定されています。米国での販売価格は、Best Buyのサイトで129ドル。

また、Google Homeの新機能として、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスをボイスコマンドで操作したり、スマホの音楽をBluetooth経由で再生したりことが可能となりました。

先日、Amazonが「Amazon Echo」の新モデルを正式発表したばかりです。AI搭載スマートスピーカーのシェア争い、今後の動向に要注目です。



関連記事
Amazon、うわさどおりAmazon Echoの新モデル「Echo Show」を発表
音声アシスタント「Amazon Echo」の新モデルとみられるプレス用画像が流出



  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ