0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: ガジェット

170621_b01
出典:NSKマイクロプレシジョン

YouTubeなどで取り上げられ、大ブームとなったハンドスピナー。そのコア技術といえば、なんといってもベアリングでしょう。
ミニチュアボールベアリングの製造メーカー NSKマイクロプレシジョン(NSKマイクロ)は、ハードディスクにも使用される精密ベアリングを使い、12分以上回転するハンドスピナーを開発しました。7月上旬に発売予定です。

一般的なハンドスピナーでは最長でも8分程度の回転がせいぜい。それに対して、NSKマイクロのものは12分以上というから、ベアリングの性能の差が歴然としています。
ベアリングは機械の回転部分に使用されており、見えないところで生活を支えています。同社は人目に触れないベアリングを広く知っていただきたいと考え、ハンドスピナーを開発したそうです。

「ベアリング」という機械部品がこれほど注目されることが珍しいですね。
AmazonではNSKマイクロの国産ベアリングが売り切れになるほど。手持ちのハンドスピナーの改造パーツとして購入する人が増えたようです。




  クリックして応援をお願いします!


2017年6月20日、Lenovoは、イベント「Lenovo Transform NYC 2017」で未来のThinkPadのコンセプトを紹介しました。そのモデルは、一般的なノートPCのようなヒンジがなく、ディスプレイを曲げて折りたためる形状です。



曲がるディスプレイといえば、まず頭に浮かぶのは有機EL。また、ジャパンディスプレイがスマートフォン向けの曲がる液晶ディスプレイも発表しており、折りたためるデバイスがいつ発売されてもおかしくありません。
未来のThinkPadに出会えるのは、それほど遠い未来ではないでしょう。




  クリックして応援をお願いします!

be-7kwmuF0RU4E
出典:YouTube

キングジムのポメラといえば、テキスト入力に特化したガジェット。
メール受信やWebブラウジングなどの余計な機能を持たないポメラは、執筆に集中して仕事がはかどるツールとして人気を得ています。

そんな常識をくつがえし、ポメラ DM200をハックしてLinuxを動している方がいました。

また、別の方はポメラDM200のソフトウェアアップデートのバイナリ解析を行っており、バイナリ内部にPythonスクリプトやシェルスクリプトが発見したそうです。
それらの解析結果として、OSはUbuntsuベースである可能性が高いという結論を出しています。

「メモ専用」というコンセプトは完全無視! でも、ポメラに対する強い思い入れは感じられます。



関連リンク

  クリックして応援をお願いします!

_SL1000_
出典:Amazon

プリント基板を材料にした定規「PCB Ruler」がよさげです。
この定規、通常のプリント基板度同様、エッチングと印刷で作られています。表面にはセンチとインチで目盛りがあり、もちろん普通の定規としても使えます。基板の表裏に各種部品に合わせたランドが形成されており、ピッチやサイズのチェックにも使えるのがいいですね。
本格的な定規というわけではありませんが、机の上にさりげなく置いておきたい一品です。




  クリックして応援をお願いします!

watclgr4-top
出典:サンコーレアモノショップ

サンコーレアモノショップは、身に着けられる扇風機「ウェアラブル爆風クーリングファン」を発売しました。価格は19,800円(税込)。
最大風速 18m/sの強力な風を衣服の中に送り込み、熱をやムレを解消できるスグレモノ。18m/sの風というのは、時速65キロ程度で走行している車から顔や手を出したくらいの風だそうです。こりゃ強力ですね。
風量は17m3/h、無段階調節が可能です。専用バッテリーで最大6時間使用できます。

watclgr4-p01-3

watclgr4-p02
出典:サンコーレアモノショップ

さらに、100ml入るウォータータンクに水を入れれば、気化熱を利用してさらに涼しくなります。

watclgr4-p04
出典:サンコーレアモノショップ

これから暑くなってきますので、熱中症予防にもよさそうです。






  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ