0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: ガジェット

170307_Meizu Super mCharge_0_

中国・広東省に本部を置く電気機器メーカー魅族科技(MEIZU)は、新しい急速充電技術「Super mCharge」を発表しました。
Super mChargeを使えば、スマートフォンをたった20分でフル充電が可能。98%という最高レベルの充電効率を誇っており、充電中の温度も38℃に抑えられます。

170307_Meizu Super mCharge1_
170307_Meizu Super mCharge2_

の動画を見ると、3000mAhのバッテリーがすばやく充電されているのがわかります。
満充電が完了までかかった時間は、なんと19分5秒。


この技術が普及すれば、出かける前にバッテリー不足で慌てることはなくなりそうです。


  クリックして応援をお願いします!

Honeyview_uw4hqhyjhisn6eaje8q1
出典:Indiegogo
AndroidとLinuxのデュアルブートができる小型クラムシェル端末「Gemini PDA」がクラウドファウンディングサイト「Indiegogo」で公開されています。
投資額は通信機能の違いによって
  • Wi-Fiバージョン:$299(送料別。日本への送料$70)
  • Wi-Fi & LTEバージョン:$399(送料別。日本への送料$70)
早期投資者には割引があり、Wi-Fi & LTE対応バージョンが$349となります。初回出荷は2017年11月の予定です。
Honeyview_gpcvjcwr0emv0fpewjbr
出典:Indiegogo

「このキーボード、どっかで見たことあるな」と思っていたら、あこがれのガジェット「Psion Series 5」と同じデザイナーだそうです。ちなみに、Psionはこんな感じ
Psion_Serie_5
出典:Wikipedia


  クリックして応援をお願いします!

ee85a73ff09805477a7758cc20830a4b_original
出典:Kickstarter

弾丸のような形状をした世界最小のLED懐中電灯「BULLET 02」がKickstarterで人気です。すでに目標を超え、$106,192の資金を調達しています(2017年2月27日時点)

b7c4cd484931964fce7fca2189bfe284_original
出典:Kickstarter

26mm ×10mmの大きさで重さは5gと超軽量。
LR41ボタン電池 3つで150,000時間も使えるそう。24時間つけっぱなしでも17年くらい使えるってことですね。ビックリ! しかも、防水機能まであるっていうんですから文句なしです。

Kickstarterでの出資は2017年4月22日まで。10ドルで黒か金色(弾丸色)のどちらか1つを手に入れられます。両方欲しい人は18ドルで。

関連リンク
Kickstarter:BULLET 02


  クリックして応援をお願いします!

170228_rasp_Zero_w
https://www.raspberrypi.org/blog/raspberry-pi-zero-w-joins-family/

Raspberry Pi財団が無線LANとBluetooth機能を搭載した「Raspberry Pi Zero W」を発表しました。
さっそく、スイッチサイエンスに試用レポートが載っています。

170228_Switch
http://mag.switch-science.com/2017/02/28/raspberry-pi-zero-w/

スイッチサイエンスでは、3月下旬の発売を目指しています。Webショップの会員には開始時に通知あるそうです。価格は1,296円(税込)。

Raspberry Pi財団での工事設計認証(技適)の進行次第ですね。
首を長くして待ちましょう。


  クリックして応援をお願いします!

170227_Google Assistant

2017年2月26日(米国時間)、Googleは、人工知能音声アシスタント「Google Assistant」が利用可能なスマートフォンを自社のPixel以外にも拡大すると発表しました。
対象となる機種は、OSにAndroid 7.0(Nougat)とAndroid 6.0(Marshmallow)を搭載した他社製スマートフォン。スタート時点では英語とドイツ語に対応しており、他言語には2018年には対応する予定です。

さて、ここで気になるのは、音声アシスタントを独自に搭載しているベンダーです。他の音声アシスタントを搭載している機種ではGoogle Assistantが使えない可能性が残ります。
各ベンダーの対応に要注目です。




  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ