0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: ガジェット

クラウドファンディングサイト Kickstarterで「Raspberry Pi Zero」用のカッコいいケースを見かけました。
それは「Pi Zero Ali Keychain
0472a7b6a84f4ecd5ada954d327944f6_original
出典:Kickstarter

その名のとおり、キーチェーン付きのケースです。アルミ削り出しってのがいいですね。
まぁ、キーホルダーとして持ち歩く意味はありませんけど、カッコよければいいんです。

色はこの他に赤と黒。
4fdbf8780783ae0333698d906df8c555_originald7c9c8f0fb4ed3774b47f4c932eb7a35_original

15ポンドほどで入手できます。出荷は2017年5月(予)。

関連リンク
Kickstarter:Pi Zero Ali Keychain


  クリックして応援をお願いします!

Microsoft Translatorをスマートフォンにインストールしてみます。
インストールはいつも通りのGoogle Playからなので省略。

さっそく、Microsoft Translatorを起動します。最初の画面はこんな感じ。
Screenshot_2017-04-07-15-20-34

[新しい!]のアイコンをクリックした後、写真の撮影や動画の記録などを許可します。
Screenshot_2017-04-07-15-20-28Screenshot_2017-04-07-15-20-52

Microsoft Translatorの新着情報を見てみましょう。
Screenshot_2017-04-07-15-21-04Screenshot_2017-04-07-15-21-11Screenshot_2017-04-07-15-21-14Screenshot_2017-04-07-15-21-17

[完了]をクリックすると、会話がスタートできます。会話に参加したり会話を開始するには、参加者とコードを共有する必要があるようです。
名前やら言語やらを入力してスタート!
Screenshot_2017-04-07-15-21-36Screenshot_2017-04-07-15-21-57
Screenshot_2017-04-07-15-23-53

と、こんな感じで会話を開始することができます。
今回は相手がいないので、ここまで。


  クリックして応援をお願いします!

170404_BSMPA2402P2C
170404_BSMPA2402P2C_2
出典:BUFFALO

BUFFALOは、端末を自動判別して最適な条件で急速充電するUSB充電器にUSB Type-A to Type-Cケーブルを付属したモデルを2017年4月中旬から販売します。
この充電器にはiPhoneやAndroidなどの端末を判別する「AUTO POWER SELECT」機能を搭載。USB端子1ポートタイプとUSB端子2ポート搭載タイプの2種類があり、価格はオープン。
  • USB端子1ポート:BSMPA2402P1Cシリーズ
    thumb-147922_1thumb-147922_2
  • USB端子2ポート:BSMPA2402P2Cシリーズ
    thumb-147934_1thumb-147934_2
 
  クリックして応援をお願いします!

400-RC001_MX
出典:サンワサプライ

2017年4月4日、サンワサプライは、テレビやレコーダーなどをスマホから操作できる学習リモコンユニット「400-RC001」を発売しました。
本体は黒いドーム型の形状をしており、操作はBluetooth接続したスマホから行います。
多くの機器のリモコンをスマホ1台にまとめることが可能です。さらに、使いたいボタンだけを選んで、自分用の使いやすいオリジナルリモコンを作成することもできます。
400-RC001_12
出典:サンワサプライ

スマホはiOSとAndroidに対応。価格は6280円(税込)。



関連リンク
サンワサプライ:学習リモコンユニット 
 
  クリックして応援をお願いします!

TEPRA_SR170_HP
出典:キングジム

キングジムは、オフィスや家庭で使いやすい機能やフォントを搭載したラベルライター「テプラ」PRO SR170を2017年4月27日(木)に発売します。希望小売価格は8,800円(税別)。

今回発売するSR170には、テプラシリーズ初の機能として「お名前タグ」印刷機能と「ピッとコード」印刷機能を搭載。
  • 「お名前タグ」印刷機能
    入力した文字や記号が専用のフォームで印刷される機能。同時発売の「お名前タグメーカー」と「スナップボタン」を使えば、オリジナルタグを簡単に作ることができます。
    「お名前タグメーカーSRT10」の価格は2,700円(税別)、「スナップボタン SRTB1」の価格は450円(税別)。
    SRT10_main_HP
    出典:キングジム

  • 「ピッとコード」印刷機能
    文字の前後に専用の二次元コード「ピッとコード」を印刷できる機能。
    iOS専用アプリを使えば、iPhone内の写真やメモなどのデータを「ピッとコード」にひも付けることができます。ひも付けしたデータは、再度専用アプリで「ピッとコード」を読み取るだけで簡単に呼び出せます。
    pittocode_image
    出典:キングジム

この「お名前タグ」印刷機能は、ガジェットのケーブル整理に使えそうです。

関連リンク
キングジム:「テプラ」PRO SR170
 
  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ