0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: ガジェット

20181213090346-s
出典:スイッチサイエンス

世界各国で導入されてきているSTEM教育。日本でも小中学校でのプログラミング教育が必修化されることから、STEM教育を視野に入れた製品が数多くリリースされています。

それらの製品を手広く取り扱っているスイッチサイエンスでは、STEM教育に特化したArduino Uno互換機「Maker UNO Plus」を販売しています。価格は1,863円(税込)。 
教育現場で活用できる、LEDインジケータ、プログラマブルSW、ピエゾブザーを搭載。さらに、基板の裏には名前を書くこともできます。

Arduino UNO vs Maker UNO Plus I
出典:スイッチサイエンス

関連リンク
Maker UNO Plus - スイッチサイエンス


  クリックして応援をお願いします!

51s6Nv1BYpL._SX450_
出典:Amazon



Surface Go用に注文したmicroSDカード 256GBが届きました。
これだけ容量があれば、クラウドに保存したデータを同期させるには十分。

Surface GoのSDカードスロットは、キックスタンドを開いたところにあります。SIMカードスロットと別になってるので使いやすいですね。
18-12-14-08-49-27-457_photo-s




  クリックして応援をお願いします!

18-12-10-18-29-18-413_photo-s

11月29日に発売された Surface GoのLTEモデル(Surface Go LTE Advanced)を購入しました。
法人向けということで、こんなラベルが貼られています。LTEモデルを示す部分もラベル貼り。
18-12-10-18-29-28-016_photo-s18-12-10-17-58-30-573_photo-s

では、さっそく開封の儀。
18-12-10-18-30-05-416_photo-s

入っているのは、本体とACアダプタくらい。説明書といっしょのSIMピンが光ります。
18-12-10-17-56-59-213_photo-s18-12-10-17-58-04-265_photo-s

Surface Go SignatureタイプカバーとSurfaceペンも合わせて購入しました。
18-12-10-17-53-26-475_photo-s18-12-10-17-53-41-694_photo-s

これらをセットすると、Surfaceらしくなります。
キックスタンドの使い方がイマイチ慣れませんね。裏を上にして置き、キックスタンドを開きながら本体を立ち上げればいいのかな。
コンパクトボディで携帯性はよさそうです。
18-12-10-20-14-40-094_photo-s18-12-10-20-15-02-211_photo-s

ちなみに、LTEモデルの特徴であるSIMの挿入口は、ボディ左側。今回は、IIJmioのnanoSIMを入れて使います。
18-12-10-20-11-36-722_photo-s18-12-10-20-11-47-565_photo-s

メモリが8GB、SSD容量が128GBあるので、開発環境もいろいろ入りそう。microSDも追加する予定です。

はLTEモデルではないのでご注意ください。


関連リンク
Surface Go - モバイル ワークステーション ノート PC


  クリックして応援をお願いします!

18-12-05-15-10-26-008_photo-s

IIJmioの標準SIMとmicroSIMを、nanoSIMに変更しました。
とはいっても、いまのSIMはマルチSIMなんですよね。初めて見ました。自分の使いたいサイズに合わせてSIMカードを取り出すわけです。

18-12-05-15-12-47-827_photo-s

これで、次に来る端末の準備も完了です。次になにが届くかはヒ・ミ・ツ…
18-12-05-15-13-15-568_photo-s


  クリックして応援をお願いします!

scimage
出典:ラトックシステム

ラトックシステムは、スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」のiOSアプリがSiriショートカットに対応したと発表しました。

Siriショートカットは、複数の家電操作や他のサービスを組み合わせて、日頃のアクションを1つのフレーズで実行する機能。すべてのリモコンボタンが指定可能で、事前に家電リモコンアプリ上でタップをしたボタンが選択できます。今回のアップデートによって、iPhoneやiPadに「Hey Siri」と話しかければ、音声で家電を操作することが可能となりました。

20181205142630-s
出典:ラトックシステム



ラトックシステムの「RS-WFIREX3」は地道に機能をアップしていますね。



関連リンク
スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」Siriショートカットによる音声操作が可能に[RATOC]
スマート家電コントローラ RS-WFIREX3[RATOC]


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ