0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: ガジェット

USB-EXSET2_ML
出典:サンワサプライ

サンワサプライは、パソコンとUSB接続機器間を最大100mまで延長することができる4ポートハブ付きUSB2.0エクステンダー「USB-EXSET2」を発売しました。
送信機と受信機のセットからなり、ユニット間をカテゴリ5/5eケーブル1本で接続できます。通常のUSB延長ケーブルでは届かない、パソコンから離れた場所にあるプリンタやUSB接続ハードディスクドライブなどと有線接続で接続したい場合に便利です。
USB-EXSET2_FT3L
出典:サンワサプライ

ソフトウェアのインストールなどは不要で、接続するだけですぐに使用可能。
サイズは送信機・受信機/幅90×奥行き73×高さ31mm。壁固定などが可能なウォールマウント機能付きです。
USB-EXSET2_FT5LUSB-EXSET2_FT2LUSB-EXSET2_FT1L
出典:サンワサプライ




  クリックして応援をお願いします!

最近メディアを賑わすことの多い「IoT」。経済産業省が掲げた第4次産業革命でも活用の柱にIoTが示されています。
モノのインターネットということで、さまざまなモノがInternetに繋がるわけですが、そのレベルは大規模で複雑なものからシンプルなものまでさまざま。

これなんか、シンプルなIoTの代表選手でしょう。


MicroBot Pushができることは、人に代わってボタンを押すことだけ。
家にある家電品に取り付けるだけで、コーヒーメーカーの電源を入れたり、照明のスイッチを押したりを外出先からでも行うことができます。



スイッチの種類によっては、MicroBot Pushを2つ使ってON/OFFもできそう。
家庭でのIoT活用の手始めにいかがでしょうか。




  クリックして応援をお願いします!


社内にLANケーブルを張り巡らせていると、コネクタのツメが壊れてやむなくコネクタを付け替えることがあります。正直いって、面倒ですね。
エスエスエーサービスの「SSC-13LAN」、これはよさげです。
Amazonで見たところ、残念ながら売り切れ。欲しい方は、東映ランド、テクノハウス東映、パソコンショップ アークでどうぞ。

_SL1500_


  クリックして応援をお願いします!

1-3
出典:Indiegogo

クラウドファンディングサイト Indiegogoで話題となっていた小型PC GPD Pocketが、日本国内でも続々と届きはじめたようです。
各種レビューを見ているとき、気になる書き込みが1つありました。
それは、

 GPD PocketではOfficeが無料で使える

というもの。正確には、Windows 10版Office Mobileが無料でフルに使えるのです。
OfficeMobile
出典:MIcrosoft

とはいっても、ライセンスが含まれているわけではありません。
そのからくりは、GPD Pocketの画面サイズにあります。Windows 10版Office Mobileには「10インチ以上制限」という壁が設定されています。10インチ以上の画面のPCでは、インストールはできるものの編集や保存ができなくなる制限がかかるのです。
逆に言えば、10インチに満たないGPD Pocketでは、Office Mobileの機能がフルに使えるわけ。

これはありがたい情報です。GPD Pocketを買う予定はないですけど。




  クリックして応援をお願いします!

170623_パワーグローブ
出典:DIME

パワーグローブは、1990年に発売されたファミコン専用コントローラです。ファミコン世代の方なら、一度は目にしたことがあるでしょう。その当時、手や腕を動かしてファミコンを動かせるという衝撃的なインターフェイスに驚かされたのを覚えています。
しかし、その操作性は残念ながら最悪。鳴り物入りで発売されたものの、その特性を活かしたソフトはろくに販売されず、パワーグローブは人知れず市場から消えました。

パワーグルーブに再会したのは、それから数年後。秋葉原のショップ店頭でした。
叩き売り状態で超格安。誰も目もくれないその一品を喜び勇んで買い込んで、足ばやに家路につきました。その手には2台のパワーグルーブをぶら下げて…

その後、パワーグローブを分解して回路を解析したり、PCに繋いで新しいユーザーインターフェイスの研究に使ったりしたのを覚えています。
いま考えると、あまりに時代を先取りしすぎたのかもしれません。



関連リンク
DIME:あの頃これが欲しかった!ファミコン向けコントローラー『パワーグローブ』


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ